フリーターって実際どうなの?フリーター歴7年の私がフリーターで良かったこと・後悔していることをお話しします【後編】

フリーターと正社員の給料の差に大きな開きがでてくる

アルバイトでも正社員以上に稼げる人はいます。
 
ですが、将来を見据えた時に、
圧倒的な差が開くことに気が付きました。
 
生涯フリーターの人と比べて、生涯正社員の人は
一生で約4倍も多く稼ぐというデータが出ているのです。
 
正社員の友人は入社1~4年目のときに
給料と労働時間が見合ってないと嘆いていました。
 
ですが、5年目にさしかかった今、
固定給、ボーナスがかなり上がり、
アルバイトをどれだけ頑張っても
超えない金額を稼げるようになっていました。
 
会社や仕事内容にもよりますが、
長い目でみたときに正社員の方が金銭面での
余裕がでることがわかったんです。
 
一番は「ボーナスってでかいなぁ」
 
としみじみ思いました・・。
 
たられば話にはなってしまいますが、
7年前の進路決めのとき
”就職の道”を選んで続けていれば、
いまアルバイトでもらっている給料よりも
稼げてたのかなぁと・・。
 
この先何年、何十年とフリーターをしていると
 
”正社員との生涯年収の差が更に広がっていく”
 
これが分かったことで、
フリーターになったことをとても後悔しています。
 
じゃあ今から正社員目指しなよ!
という話になりますが、
 
ずっとアルバイトをしてきて資格もない私が
正社員になれるのか。と不安しかなく、
なかなか一歩が踏み出せなくなってしまいました。
 
 

友人が減る・同世代の友人と話す時に後悔する

大学生や短大、専門への進路を決めた友人は
9割就職をしました。
 
学生時代の時はフリーターであるわたしが
時間を合わせて遊べていましたが、
 
就職後、引っ越してしまう友人もいたので
なかなか会えなくなり、連絡も一気に減りました。
 
会社での飲み会がたくさんある友人とは
必然的に会う機会が減ってしまいます。
 
 
そして、正社員の友人と遊ぶときに引け目を感じます。
 
社会人になり大人になっていくつれに
話の半分は「仕事の話」
 
正直、正社員のなにがそんなに偉いの?と
わたしは思っていますが、
 
世間一般ではフリーターと正社員を比べれば
言うまでもなく社会的ステータスが高いのは
正社員ですよね。
 
収入格差があればなおさら
フリーターである自分、正社員である友人、
このことが引っかかり
引け目を感じながら友人と接する場面があったことで
就職すればよかったと強く後悔しました。
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
フリーターになって良かったこと
フリーターになって後悔したこと
 
を前編・後編に分けてお話ししました。
 
自分が困らないのであれば
フリーターであることは決して悪いことでは
ないと思います!
 
私は実際にフリーター生活7年を続けていますが、
今の生活には満足していますし、
生活に困ったことはありません。
 
ですが、もし高校時代に戻れるのなら、
フリーターではなく、就職の道を選ぶと思います。

フリーターって実際どうなの?フリーター歴7年の私がフリーターで良かったこと・後悔していることをお話しします【前編】

フリーターって楽しい?後悔する?

高校3年生になると、
進路を自分の意思で決めるかと思います。
 
親に反対され自分の意思とは違う進路を
選びざる負えない場合もあるかとは思いますが、
 
大学・短大・専門・就職・フリーター
 
どの道に進もうと、
これからの人生に関わってきますよね。
 
わたしは、高校3年生の進路決めの時、
美容専門学校に行きたいと思っていました。
 
ですが、奨学金を借りてまで行きたいという意思はなく、
やりたい仕事も分からなかったので
 
フリーターの道を選びました。
 
「フリーターをしながらやりたいことを見つけて
いずれ就職するから。」

 
と当時はいっていましたが、
 
実際は進路決めが面倒くさく、
一番楽なフリーターに逃げてしまったのが本音です(笑)
 
そこで今回は、フリーターになって7年経った私が
フリーターになって良かったと思うことと、
後悔していることを前編・後編にわけてお話しします。
 
こちらの前編では、フリーターになって良かったことを3つお話しします。
 
フリーターになって間もないかたや、
進路に迷っているかたの参考になれば幸いです!
 
 

自由な時間が手に入った

フリーターの一番の特権といえば、
 
「自由な時間が手にはいる」
 
これだと思っています!
 
学校という縛りがなくなり、
すごく幸せを感じました(笑)
 
また、フリーターになった瞬間、
普段学校に行っていた時間がフリーになる為、
時間が有り余り、
自分のやりたいことをやりたいようにできました。
 
アルバイトがシフト制なら希望日は休めるため、
 
”時間の融通が効く”
 
これがフリーターをしていて
一番良かったと思うことです。
 
 

たくさんのバイトを経験できた

働く環境を柔軟に変えられることができるアルバイト。
 
飲食店やアミューズメントパーク、
事務職など様々な職種を経験でき、
 
経験したからこそ、
自分にあっている職種を知ることができました。
 
就職したら職種を転々と変えるのは
現実的には厳しいですよね。
 
フリーターになったからこそ、
色々なバイトを経験してみることをオススメします。
 
また、ある程度の期間働いていると、
「社員にならないか?」
と声掛けしてもらえるかもしれません。
 
わたしはお断りしてしまったのですが、
面倒な面接なしに社員になれちゃうって
ラッキーと思いませんか?(笑)
 
 

自分の好きな分だけ稼げる

週何日、何時間働くかを決められ、
自分が欲しい分だけ稼ぐことができるのが
アルバイトの特権だと思います。
 
友人は実際に居酒屋のアルバイトのみで
30万円以上稼いでいました。
 
労働時間や出勤日数もそこまで多くなく
ホワイトな会社です。
 
もし、1つのバイト先で稼げなくても
掛け持ちや派遣などをし、自由に稼げることができます。
 
正社員みたいにどれだけ働いても給料が固定という事はなく、
どれだけ稼げるかは自分次第ということです!
 
働いたら働いた分だけ、給料が貰えるので、
それを考えるとフリーターで良かったと思えます!
 
 
 
後編へ続く・・。
 
後編では、フリーターになって
後悔していることをお話しします!

試食販売の短期日払い派遣バイトの体験談!1日の流れや気になる日給など派遣バイトの実態を教えます

登録制の派遣バイト


セミナーでメモをとる女性
 
求人サイトを見ると
必ずでてくる派遣バイト。
 
当時10代だった私は
友達と、とりあえず応募してみました。
 
派遣バイトは面接ではなく
“登録会”といって、
自分の名前等を派遣会社に
登録するだけなので
誰でも(合格?)登録できます!
 
私は4社くらい登録会に参加しましたが、
 
どの会社でも簡単な説明
個人情報を書き込むだけなので
登録会の参加人数にもよりますが
大体1時間以内で終わるかと思います!
 
履歴書もいらないし、
派遣会社の人と1対1で
深く話すわけでもないので
 
「こんな適当な感じで大丈夫かよ。」
 
と思いました(笑)
 
 
登録が終わったら、
後日電話やメールで
こんな仕事どうですか?やりませんか?
と依頼がきます!
 
 
例えば、
 
・ティッシュ配り
・倉庫内の軽作業
・コンサートやイベント会場の設営
・試食販売
 
 
などなど、
派遣会社によって異なると思いますが、
私は上記の内容が多かったです!
 
 
自分のやりたい仕事依頼がきて、
 
”日付と時間がスケジュールと合えば働ける”
 
ということです!
 
 

3日間で36.000円”パーキングエリアで試食販売”


サービスエリアのお土産コーナー
 
当時かなりの金欠だった私は
即金が欲しが為に、たまたま依頼がきた
やりたくもない試食販売をやってみることに(笑)
 
友達(登録済)ともOKということだったので
それならいいかと、軽い気持ちで。
 
(ひとりだったら確実にバックレてた・・笑)
 
 
■仕事内容
 
3日間限定で36.000円
高坂サービスエリアでの試食販売。
10〜18時の8時間
内、1時間休憩&小休憩あり
バスでの送迎あり
 
3日間で36.000円ということは
1日12.000円!
 
 
当時、最低賃金の時給800円で
コンビニのアルバイトしてたので
ニヤニヤが止まりませんでした(笑)
 
 
給料は翌日払い翌月払い
選べたので私は翌日払いにしました!
 
 

緊張の当日・・・


青空とバス
 
まず、家を出るときに派遣会社へ
「今家をでました」
とメールをしなくてはいけません。
 
そして集合場所についてから
仕事が終わってからもメールをします。
 
バックレる人が多いから?
 
なのかは不明ですが、
これがなかなか面倒くさい(笑)
 
 
朝、集合場所に着いたら、
みなさん初めましてなのでまず挨拶。
 
 
年齢層は10代(私達だけ)~20代後半
くらいの男女(6:4)10名!
 
 
友達同士で来ているのは私達だけだったので、
1人じゃ不安・・・ってかたでも安心です!
 
 
集合時間は7:00
(はやすぎーーーー!)
 
 
点呼をとりバスに乗り込みいざ出発です!
(修学旅行みたいで楽しい。笑)
 
 
事前にメールで説明されていますが、
高坂サービスエリアの上りと下り
2班に別れます。
 
友達と見事に離されました(笑)
 
 
おしゃべりするのもよし、寝るのもよし、
バスの車内は自由な時間を過ごせます!
 
 

サービスエリアに到着!仕事の流れは?


サービスエリア
 
バスで約2時間かけ
ようやく到着。
 
少し早く着いたので、
サービスエリアで自由時間がありました!
 
ここでみんな仲良くなり、
初対面の人と旅行している気分
すごく楽しかったです(笑)
 
 
時間になったらまず始めに、
 
試食販売する商品の説明
実際に試食し商品の味を確認
 
お客さんに聞かれても困らないよう
しっかりとアピールできるようにします。
 
 
商品は、
 
・梅レンコン
・干し梅
・かまぼこ
・お菓子(ごぼうチップス?)
 
の4種類で、チラシ配りもします。
 
 
それを時間ごとに交代制でやっていきました。
 
 

「梅レンコンのご試食いかがでしょうか~」
「お買い得ですよ~」
 
など、自分で考えた言葉をつかい、
大きい声でひたすら商品を売り込み、
 
お客さんに声をかけられたら、
どう美味しいのかなど説明もしっかりと。
 
 
休憩以外の時間、
たちっぱなし&声を出しつづけるのです。
 
10分が1時間に感じました(笑)
 
 
■試食販売のバイトが向いているのはこんなタイプの人
 
・大きな声を出すことに抵抗がない
・商品をしっかりアピールできる
・常に笑顔で接客できる
・お客さんと会話ができる
・メンタルやや強め
・体力がある
 
上記のことができる自信がないと
厳しいかとおもいます。
 
 
終わったらまたバスで送迎。
朝の集合場所で解散という流れです!
 
 
2日目も全く同じ流れと同じ人でした!
 
そして友達と同じサービスエリアにしてくれました(笑)
 
 
最終日3日目・・・
 
バックレました。(笑)
 
メンツにも恵まれ楽しかったのですが、
それ以上にキツイ。
 
勤務時間は7時間ですが、
 
移動時間もあわせ込々
約「13時間」も拘束され、
体力や精神的にすごく辛かったです。
 
 
ただバックレは良くないですね。
迷惑がかかるのはもちろん、信用がなくなり
 
仕事依頼が来なくなってしまいます。
 
 
昔の自分に説教したいです(笑)
 
ただ、給料はしっかり
振り込まれていました。
(でもバックレはダメ!!笑)←お前が言うな
 
 

まとめ


若者たちの後ろ姿
 
サービスエリアでの試食販売は運がよく、
いい人達に恵まれすごく楽しかったです!
 
仕事内容は少し辛かったですが・・
 
日給や時給が高いほど辛い仕事だったり、
なにかそれなりの条件があったりするので
(そりゃそうか。笑)
 
本当にやりたい仕事だったり、
友達と一緒に働くなどすれば、
 
一日を耐えしのげると思います(笑)
 
 
急な出費や金欠の時に
日払いや翌日払いがあるので、
すごい助かるし、
 
自分で好きな仕事を選択できるのも
魅力的な派遣バイト。
 
 
やってみたいけど怖いな・・
とおもっているかた、
私でもできたので、大丈夫です!(笑)
 
 

バーテンダーを3年間やってみた私の体験談。時給やお店の環境、お酒の名前やカクテルのレシピの覚え方などを経験にもとづいてまとめてみました!【前編】

私がバーテンダーをやってみようと思ったキッカケ

私がまだ二十歳だった頃、

 

そう、世界中の男は私が微笑めば全員落ちると思っていたあの頃←

 

まだ、ほうれい線という線は地平線の彼方遠くにある線と信じていたあの頃。。

 
 

当時、私はニートでお金がなく友達も少なかったので←
父親の部屋にあったハードボイルド小説家の北方謙三さんの小説をよく読んでいました。

 

タイトルは忘れましたが、その小説に出てきたバーテンダーがメチャクチャ恰好良かったのです。

 

どうせ働くなら次は面白い仕事がしたいと思っていた私は、

 
 

「これだ!」

 
 

と思いました。

 

地元の求人誌を数冊手に入れてペラペラめくってみると、
ちょうど良さそうなのがあるじゃありませんか!

 

私は早速応募してみました。

 
 

「せっかく天使のように可愛く生まれたのに、
今までイマイチぱっとしなかった私の人生は、
ここから花開くのよ」

 
 

そんな気持ちで。
 
 
 

バーテンダーの面接

そのお店は地元の高級ホテルと公園を一つ挟んだ向かいのビルの、螺旋階段を上った二階にありました。

 

指定された日時にお店に行くと、一人のお客さんとマスターらしき人がいらっしゃいました。

 

ところがです。
驚いたことに、

なんと、そのマスター、近くで見ると外見が、

 
 

ぽっちゃり気味の北方謙三

 
 

だったのです。

 

これは運命ではないか?と密かに思いました。

 

マスターはカクテルを一杯作ってくれました。

 

私は「面接で酒飲めるとかラッキー♪」と思いながら
南国の海のような真っ青な美しい色をしたカクテルに口を付けました。

 
 
 

ざわっ・・・・ざわざわ・・・・・ざわざわざわ・・・

 
 
 

・・それは今までに飲んだことのない味でした。

 

上品な甘みを柑橘果汁の爽やかさと冷たさがキリッと引き立てています。

 

そして、ほんのり香る花のような香り。。

 
 
 

なんじゃこりゃ。

 
 

私がいつも飲んでる宝焼酎ピュアのウーロン割りとぜんぜん違うじゃないか。
こんなお酒が世の中にはあるのか・・・!!

 
 

私はバーテンダーの仕事にさらに興味を持ちはじめましたが、
ひとつだけ気になることがありました。

 
 

それは、マスターが、
謙三が、

 
 

すごーーーく厳しそうな人っぽかったことです。

 
 

お客さん相手に冗談を言ったりもしていますが、基本的に容赦なく厳しい人オーラをビシバシ出していました。

 
 
 

あかんっ・・

 

スカイツリーのようにプライドが高く、
プリッツのように折れやすいハートを持った私は、怒られるのが大嫌いなのです。

 
 
 

・・やっぱりやめておこうかな。

 

そう思った時、後ろから

 

「おはようございます!」

 

という男性の声が聞こえてきました。

 
 

おはよう、マスターがそう答えて移した視線の先をチラッと見てみると、

 

そこには、
ドエラいイケメンバーテンダー
が立っていました。

 

身長はそれほど高くありませんが、外見は例えるなら、そうですね、

 
 
 

若いころの竹野内豊

 
 
 

でした。
(私はコッソリ彼をチビ竹と呼んでいました)

 
 
 

「決めた!私ここで働く!!!!」

 
 
 

謙三マスターが吸っていたタバコをガラスの灰皿において言いました。

 
 

「うちは厳しいけど、やってみる?」

 
 

「はいっ!よろしくお願いします!」

 
 

私の心の扉は小説でほんの少し空いて、
カクテルで、もうちょっとだけ開いて、
イケメンバーテンダーにドアごと吹き飛ばされたのでした。

 
 
 

バーテンダーの時給はどれくらい?

私は地元の地方都市で未経験からスタートしたので、
スタート時の時給が900円、
仕事を覚えてから1,200円まで上がりました。

 

エリア別のバーテンダーの平均時給は下記の通りです。
※ネットサーフィン調べ
※()内はそれぞれのエリア内の全アルバイトの平均時給です。

 

北海道エリア943円(884円)

関東エリア1,314円(1,062円)

東海エリア1,287円(969円)

関西エリア1,177円(1,006円)

九州エリア1,003円(890円)

 
 

バーテンダーの時給は「平均よりちょっと良い」くらいに思っておけばいいんじゃないでしょうか。

 
 
 

バーテンダーになってみたい人に贈るBARの種類

BARには色々な種類がありますが、ざっくり分けると下記の3種類になります。

 

ショットバー

カウンターのみ、またはカウンターメインのBARでおつまみもナッツなどの軽い物が中心。1人で飲みに来るお客さんも比較的多いです。

 

ダイニングバー

テーブル席もあって食事も楽しめるBARです。お店にもよりますが、他の2つのBARよりカジュアルな場合が多いです。

 

オーセンティックバー

本格的、正統派のBARです。ちょっと敷居は高いですが、高級なお酒や珍しいお酒がたくさんあり、材料、作り方にこだわった本格的なカクテルを一流のバーテンダーが作ってくれます。

 
 

私が働いていたBARはダイニング&ジャズBARといった感じのところでした。

 

ある程度ちゃんとした知識や技術を身に着けたいなら、

 

ショットバー、オーセンティックバー、
ホテルのバーやピアノバー、ジャズバー、ダイニングバー、

 

辺りがおすすめです。

 
ただ、ジャンルだけではどんなバーなのか正確には分かりませんので、実際にお店に行ってお酒を飲んでみるのが一番だと思います。

 

あまりカジュアルすぎるBARになるとカクテルもカウンターの下に貼ってあるレシピをチラチラ見ながら作ったり、
材料も安いもの(ジュースが生のフルーツを絞るのではなく市販のジュース等)だったりします。

 
氷も冷蔵庫で作ったような四角い小さい氷だったり。。
映画に出てくるような格好良いバーテンダーを思い描いているとしたら・・
ちょっとガッカリすることになるかもしれません。

 
 
 

バーテンダーとして働くお店を探す上で抑えておいた方が良いと思うポイントは、

 

・緩いBARで働くと楽だし楽しいかもしれないけど、ほとんどなんにも身につかない。

・ちゃんとしたBARは最初は大変だけど、お酒の知識やバーテンダーとしての技術、マナーが見に着く。

・ある程度自分に向いていそうなジャンルを絞って、実際にBARに行ってカクテルを飲んでみる。

 

の3つです。

 
 

お酒やカクテルのレシピを覚えるのは大変?どうやって覚えるの?

お酒やカクテルのレシピを覚えるのは最初はけっこう大変です。
私は空き時間やプライベートでも勉強していました。

 

ただ、最初だけがんばって覚えてしまえば、あとはそんなに大変ではありません。
数ヶ月はがんばらないとですね。

 

私が実践した覚え方をご紹介します。

 

1 本でそのカクテルのレシピを確認する⇒暗記する

2 今度は本を閉じてレシピを口に出して言ってみる(または紙に書いてみる)

3 言えなければ、また本を開いて確認⇒暗記する

 

というのを繰り返していました。
 

一度覚えても最初の頃に覚えたレシピは忘れてしまうことが多いので、
自分でテスト問題を作ってコピーして、100点がとれるまで繰り返したりもしていました。

 

何しろBERに出勤すると事あるごとに謙三マスターから、
 
 
 

「○○(カクテルの名前)のレシピは?」

 

と聞かれましたからね。

 
 
 

お客さんはどんな人が多いの?

普通のサラリーマンの方もいらっしゃいましたが、

 

経営者

お医者さん

弁護士

同業者(飲食店経営者)

 

と、普通に生活しているとなかなか出会うことのない職種の方が多かった印象です。

 

客層にはマスターの人脈や人柄も影響しますので、
若いお客さんが多い方がよければマスターが若めのお店、
経営者や年上の落ち着いたお客さんが多い方がよければマスターがある程度ご年配のお店、
がいいかもしれません。

 

若い方は大学生がたまにと、経営者の方や上司の方に連れて来てもらっている方が多かったです。
地方でしたが芸能人の方も数回いらっしゃいました。

 

後編へ続く(まだ書いてません)