私のファスティングダイエットの失敗談。失敗した時の原因をご紹介します!

ファスティングダイエットをイメージさせる画像

ファスティングダイエットとは


最近メジャーになったファスティング
数日間断食をするダイエット方法です。
 
1日だけ、週末を使って、1週間使って、
と期間は人によって様々です。
 
ファスティングには様々な効果があります。
・体重の減量
・体脂肪の減量
・便秘の解消
・胃腸を休ませ腸内環境の改善
・自律神経を整える
などなど。このように素晴らしい効果があるのです!
 
しかし間違った方法を取ったり長い期間やりすぎると
失敗の原因に繋がり、その上危険なのです!
 
私も初めてファスティングをした時は
見事に失敗しリバウンドしてしまいました。
 
今回はその時はなぜ失敗してしまったのか、
ファスティングが失敗した原因をご紹介します!
ファスティング前にぜひ参考にしてみてください!
 
 
 

①回復食を無視した


『すぐにリバウンドしてしまった』
 
3日間断食する方法を取ったのですが、
本来その期間と同じだけ準備食と回復食が必要です。
 
しかし体重が下がったことでテンションが上がった私は
ファスティングで最も重要とも言われる回復食を完全無視!
 
今考えるとリバウンドすることは分かるのですが、
断食後のご飯ってとっても美味しく感じるんです(笑)
そのため結局いつも以上に食べてしまっていました。
 
回復食を取り入れてゆっくり食事を戻していく
この段階を踏むことの大切さを改めて実感しました。
 
 
 

②ちゃんと栄養を取らなかった


『肌荒れがあまりにも酷い』
 
ファスティングする時によく推奨される酵素ドリンク。
酵素ドリンクって結構お値段が張るんですよね・・・
なので私は酵素ドリンクを使いませんでした。
 
かといって何を飲めばいいのか分からず、
期間中は水とブラックコーヒーしか飲みませんでした
(ブラックコーヒー大好きなので辛くなかった笑)
 
すると一気に肌が荒れました。
ファスティングの好転反応で
荒れる場合もあるらしいのですが、
明らかに異常なレベルの荒れ具合。
もはや肌がボロボロの域でした・・・。
 
断食すると言っても酵素ドリンクなどを活用して
しっかりと栄養補給をすることの大切さを実感しました。
 
 
 

③全く運動しなかった


 
『筋肉量と基礎代謝が下がった』
 
断食中は激しい運動は控えたほうが良いのですが、
それを良いことにゴロゴロして全く動きませんでした
 
すると筋肉量が減り基礎代謝も下がりました。
ファスティング後には太りやすい身体になってしまったのです。
 
激しい運動を避けるとしても
ストレッチやウオーキングなどで
軽く身体を動かすべきだったなと反省しました。
 
 
 

まとめ


いかがでしたか?
今回は私がファスティングに
失敗したときの原因をご紹介しました!
 
私も始める前にはリサーチして注意点などチェックしました。
しかし始めてみるとまあ大丈夫だろうと思ってしまい見事失敗。
 
この1回目の経験を活かして
ちゃんと注意点を考慮し行った2.3回目は
しっかりと結果を出すことに成功しました!
 
皆さんもファスティングをするときには
しっかり注意点を守って安全に行ってくださいね!
 
 
 

sora

投稿者: sora

美味しいものと旅行と海が好きな22歳。ジャンルとらわれず様々な記事を更新していくのでよろしくお願いします❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です