お台場の温泉テーマパーク『大江戸温泉物語』で女子会してみた!気になる料金や過ごし方は?【前編】

大江戸温泉物語のなかにある桜

あなたは『大江戸温泉物語』に行ったことがありますか?大江戸温泉物語は“日本一の元祖温泉テーマパーク”としてお台場に存在するリラクゼーションスポットです。今回はそんな大江戸温泉に女4人で行った時の体験談を紹介していきます!前編は、概要や温泉についてです。

大江戸温泉物語に行ってみた


この前女友達と4人と、
「なんだか一日ゆっくり遊びたいね~」
と話している時に、
 
ここ良さそうじゃない?と見つけたのが
『大江戸温泉物語』です。
 
お台場という大都会にあるのに
温泉テーマパークという響きに惹かれて
さっそく4人で行ってきました!
 
 

大江戸温泉物語って?


大江戸温泉物語は
江戸の世界観をもつテーマパークで
 
縁日や食事を楽しんだあと
温泉や足湯でリラックスして、
 
休憩所でゴロゴロしたりできる
自由度の高いテーマパークです。
 
 
営業時間が
11:00~翌朝9:00なので
なんと22時間も営業しています!
 
最終入館時間は朝7:00なので、
仕事や学校が終わったあとでも
十分に楽しめそうですね。
 
今回わたしたちは
平日の昼から夜まで滞在していました。
 
 
利用料金は、
お昼と夜でそれぞれ分かれており、
また平日と休日でも価格が少し違います。
 
今回は平日の料金を紹介していきます!
 
おとな(中学生以上)が利用する場合、
 
①昼間料金:2,380円
②ナイター(18時以降):1,880円
③深夜(2時以降):+2,000円
④早朝(5時~7時):1,300円
 
となっています。
 
安くお得に利用したい人は、
ナイタープランがおすすめですね。
 
 
最寄り駅がテレコムセンター駅という
あまり聞いたことのない名前の場所です(笑)
 
そこから歩いて2分なのですが、
わたしたちは品川駅から
シャトルバスをつかっていきました。
 
シャトルバスは無料で乗ることができます!
 
■東京テレポート駅(6分)
■品川駅(20分)
■新宿駅(70分)
 
色々な場所からシャトルバスがでていますが、
定員制で予約不可なので
乗れなかった場合は見送りになってしまいます‥
 
公式サイトに時刻表がのっているので
時間に余裕をもって行動しましょう!
 
 
【大江戸温泉物語】
 
♥〒135-0064 東京都江東区青海2丁目6番3号
♥03-5500-1126
公式サイトはこちら >>
 
 

大江戸温泉の楽しみ方


大江戸温泉についたら、
まずは靴を脱いで靴箱に入れます。
 
全館土足NGなので
ヒール疲れの心配もいりませんね。
 
フロントがあるのでそこで受付をします。
 
館内ではリストバンドを付けて
それを財布代わりにつかうので、
 
手ぶらで楽しむことができ、
支払いは後払いとなっています。
 
受付を済ませたら
奥に越後屋という浴衣レンタル場所があるので
 
好きな浴衣と帯を
それぞれ選ぶことができます!
 
浴衣はたしか記憶だと9種類ほどあり、
男性向けと女性向けのデザインがありました。
 
サイズもS~Lなど
身長に合わせて選べるようになっています。
 
帯は確か4色で、
赤と黄色と青と黒だったと思います。
 
素敵なデザインがたくさんあるので
どれにするか迷ってしまうと思います。
 
わたしたちは4人で別々の浴衣にしましたが、
みんなでそろえてもカワイイと思います!
 
帯と浴衣を選んだら、
男女別れて更衣室に入り
 
浴衣に着替え荷物をロッカーに入れて
大江戸温泉をエンジョイしましょう!
 
ここで注意なのですが、
更衣室を出た先は温泉ではなく江戸の町並みです。
 
なので、裸で出ないようにしましょう(笑)
 
 
更衣室を一歩出ると、
そこには江戸の町並みが広がっています。
 
縁日食事処など、
楽しめるスポットがたくさんありますよ。
 
縁日を利用するためには
追加で400円前後払わなくてはいけないので、
今回は利用しませんでしたが
 
手裏剣投げなど江戸らしい遊びができるので
是非体験してみてくださいね!
 
食事については後編で紹介していきます。
 
 

13種類の温泉がある!


縁日や食事を楽しんだ後は
お待ちかねの温泉ですよね。
 
大浴場の入り口は、
館内の中央付近にあります。
 
のれんがかかっていて
いかにもな温泉なので
わかりやすかったですよ。
 
こちらの温泉は
バスタオルやシャンプー・アメニティーは
備え付けてあるので、手ぶらでOKなんです。
 
大江戸温泉では、
地下1400mから汲み上げた天然温泉をはじめ
開放的な露天風呂やサウナなど
 
なんと13種類のお風呂に
入ることができちゃうんです!
 
まさに温泉テーマパークですよね。
 
露天風呂も2種類あるし、
のぼせちゃうくらい
たくさん入りたくなってしまいます(笑)
 
同性で行けば、
何時間もいられるくらい飽きない温泉です。
 
わたしたちは入ったり出たりをくり返して
ながながと全種類のお風呂につかって
色々な話をしちゃいました!
 
 
しかしこの温泉は、男女別なので
カップルにはオススメできません‥
 
そこでカップルで来た人におすすめなのが、
二人で入れる足湯です。
 
東海道五十三次をテーマとしたとても広い足湯が
館内の外のお庭のようなところにあるんです!
 
野外なので、雨の日は濡れてしまいますが、
お天気のいい日は長時間くつろげる
オススメスポットです。
 
座って、のんびり過ごしている時間は
とても素敵なものになると思いますよ。
 
また、
石がたくさん敷き詰められた場所があり、
 
そこを歩くと
足つぼが刺激されちゃいます!
 
不健康なのかわかりませんが
わたしは痛すぎて歩けませんでした(笑)
 
足湯はとっても広いので、
混んでいるときでも
割と楽しめると思います。
 
 
後編につづきます♡

Posted Date: 2018/04/26

EXPERI のトップページへ