今度の休日は“目黒雅叙園”で過ごすのはいかが?素敵な館内やおすすめランチなどを実際に行ったわたしが紹介します!

目黒雅叙園の館内

あなたはホテル雅叙園東京に行ったことがありますか?名前を聞くだけだと、ただのホテルだと思いがちですが、そんなことはありません。実はオトナが休日に訪れるのにぴったりなスポットなんです!今回はそんな雅叙園の素敵な館内や、おすすめのランチなどを紹介していきます。

目黒雅叙園って?


ホテル雅叙園東京という名前を
聞いたことはありますか?
 
雅叙園は、
Small Luxury Hotels of the Worldに
加盟しているホテルで、
 
「和敬清心」をコンセプトに、
茶室の侘び寂びに代表される精神性、
 
自然への想いや光の演出など、
落ち着いた空間となっています。
 
そんな素敵なホテルなので、
宿泊代は7万前後と、
正直手が出せない高級ホテルなんです‥
 
しかし!
 
実は雅叙園は
宿泊施設なだけでなく、
 
結婚式場・ホテル・レストランなどがある
豪華絢爛な複合施設なので
 
宿泊しなくたって
十分満喫できちゃうんです。
 
もちろん入館は無料です!
 
今回はそんな雅叙園に行ってわかった
色々な魅力を紹介していきます。
 
 

館内がゴージャスすぎる!


目黒雅叙園は
昭和3年からの歴史があり、
 
「百段階段」「十畝の間」
「星光の間」と呼ばれる建築物は、
 
なんと国の登録有形文化財
指定されています!
 
天井や壁を飾る日本画、
彫刻などどれも美術品として一級の品々なので
 
ホテル丸ごとが
素晴らしい美術品となっているので
とってもゴージャスなんです。
 
 
実は、雅叙園の館内は
“千と千尋の神隠し”のモデルになった
建築物だといわれています。
 
千と千尋といえば、
豪華な湯屋が印象的ですよね。
 
なので雅叙園を歩いていると
あれ?千と千尋で見た!というような
景色を見られるかもしれません。
 
 
特に美しいのが
「招きの大門」と呼ばれている豪華な門です。
 
雅叙園に入ってしばらく右に進み、
正面玄関から回廊を進むとあるのですが、
 
左右の道が水に囲まれているので
まるで橋の上を歩いているかのような
ふしぎな感覚になります。
 
まるで映画のセットに踏み込んだような
場違い感をわたしは感じました(笑)
 
また、招きの大門は
竜宮城と呼ばれることもあります!
 
とってもロマンチックですよね♡
 
 
そして、
雅叙園のゴージャスナンバーワンは
「トイレ」なんです。
 
トイレがすごいっていっても
別にしょうもないだろうな、と思っていたわたしは
入った瞬間度肝を抜かれました。
 
なんと
トイレのなかに川が流れているんです!
 
もちろん川が流れているので
美しい橋もかかっています。
 
トイレなのに‥(笑)
 
塗装も朱塗りという特殊な塗り方で、
螺鈿細工というものが施されているようです。
(伝統工芸らしい)
 
天井にはなぜか
金箔の美人画が描かれているので
思わず見られている感覚になっちゃいました。
 
ただのトイレなのに、
豪華すぎて落ち着けませんでした(笑)
 
 

カナデテラスのビュッフェが最強!


館内を満喫したら、
是非食べてもらいたいランチがあります。
 
お店の名前は「カナデテラス」です!
 
先ほどの招きの大門を通過すると
右手にあるレストランです。
 
このレストランのランチビュッフェが
どこよりも美味しくて、
限界まで食べてしまいました‥
 
気になる値段は2時間制
 
平日だと大人:3,000円
休日だと大人:3,400円となっています。
 
ビュッフェとしては普通ですかね。
 
そして食べられる料理は
なんと40種類!
 
こんなにあったので
とても全制覇はできませんでした。
 
種類が多すぎて、
全てを説明することはできないのですが、
 
気に入ったお料理を
いくつか紹介していきたいと思います。
 
 
①牛肉の塩水グリルステーキ
 
これがこのビュッフェ内で
いちばん豪華で最高な料理だと思います!!
 
目の前でグリルしたお肉を
シェフが切り分けてくれるのですが
 
このお肉がミディアムレアで
超柔らかくて超美味しいんです!!
 
お肉大好きなわたしは
エンドレスで食べました(笑)
 
ソースも4種類?あって、
岩塩から和風ソースまで
色々な味わいを楽しめます。
 
なので飽きることなく
食べ進めることができました。
 
カナデテラスのビュッフェでは
このステーキだけは欠かさず食べてくださいね。
 
 
②ポークスペアリブ
 
え、またお肉ですか?
と思われそうですが、
 
わたしはお肉が大好きなので
ビュッフェでは野菜をたべません!
 
なので
お野菜はでてこないと思ってください(笑)
 
ビュッフェにスペアリブがあるなんて
わたしは感動してしまいました。
 
ステーキだけでもうれしいのに、
スペアリブもあるなんて豪華すぎますね!
 
このスペアリブはよく煮込んであるようなので
しっかり味がしみ込んでいました。
 
骨からほろほろ零れ落ちる
やわらかいお肉たちは絶品です。
 
でも量をこなす感じではなかったので
(どうしてもステーキを食べたいわたし)
 
今回は2本しか食べませんでしたが、
スペアリブメインの方は
ぜひ何本も食べてみてくださいね~
 
 
③焼き立てパン
 
焼き立てパンってアバウトすぎなんですけど、
名前をみてもどれがどれだかわからなかったので
許してください‥
 
クロワッサンとか四角いパンとか丸いパンとか、
とにかく全部が焼き立て!ほかほか!
 
パンってやっぱり焼き立てが
一番美味しいんだなと再確認しました。
 
バターだと思ってとったクリームが
チーズ風味のなにかだったんですが、
 
それがまたパンにぴったりで
食べる手が止まりませんでした(笑)
 
 
④桜といちごのパンナコッタ
 
ステーキの次にお気に入りだったのが
このパンナコッタです。
 
ビュッフェってやっぱり、
メインと甘いものをくり返して食べることで
自分の限界に挑戦するものだと思うんです。
 
なので、甘いものは何を食べるかが
わたし的に結構重要になってくるんですけど、
 
このパンナコッタは味も美味しくて
くちどけもなめらかなので
 
お腹いっぱいでも
スルっと食べれちゃうんです!
 
ヘビロテ確定でした。
 
最初は桜の風味がふんわり感じられて、
そのあといちごの甘さが追いかけてくるので
 
ぜひ食事の間に食べてみてください。
 
 
カナデテラスのランチビュッフェは
結構人気で、平日でも人が多かったので
 
利用する際は
ネットで予約しておくのがいいと思います!
 
 

パワースポットで休憩


ビュッフェを楽しんだ後は、
やっぱり休憩したいですよね。
 
雅叙園のお庭には人口滝があり、
これがパワースポットだといわれています。
 
滝からのエネルギーは
癒しの効果が感じることができ、
 
心を和ませることができることから
パワースポットになったようです。
 
ヒーリング効果、良縁
アイディアを与えてくれるなど
様々な効果があるんです!
 
ここでくつろいでいると
本当に癒されました。
 
屋根はないので、
お天気のよい日しか
近くで見ることはできませんが
 
ぜひ人口滝で癒されてみてください。
 
 

まとめ


いかがでしたか?
 
目黒雅叙園はとっても豪華絢爛で
素敵な複合施設だということが伝わったでしょうか。
 
ゴージャスな館内おいしいビュッフェ
パワースポットなど
魅力が盛りだくさんなので
 
今度のお休みに
是非雅叙園に訪れてみてくださいね!
 
 
【目黒雅叙園】
 
♥〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
♥03-3491-4111
♥目黒駅より徒歩3分
公式サイトはこちら >>

Posted Date: 2018/04/27

関連記事

なんだか彼氏が鬱陶しいと思う彼女

実際に試して成功した!彼氏に対するマンネリから脱出する3つの方法☆実体験に基づいてご紹介します

カップルチャレンジ体験
ori
公園のベンチに座りこんで悩む外人カップル

デート場所が思い浮かばないを解決する"3つの対処法"デートスポットに行き尽くした私が実践している簡単な決め方とは?

お悩みカップル
ori
箱根神社の画像

箱根旅行の王道デートプラン☆泊まって良かった露天風呂付き客室・おすすめ観光スポットを教えます!【後編】

カップルデート
moo
同棲中の彼女が荷物をまとめて家を出ようとしている

同棲生活2年で失敗した体験談。失敗から学んだ3つのことを実体験に基づいてまとめてみました!

カップル住まい
ori
お花畑で恋人つなぎをするカップル

彼氏と長続きするために必要な”3つのこと”を交際7年目になる私が実体験に基づいてご紹介します

お悩みカップル
ori
鎌倉デートの画像

鎌倉デートならここがおすすめ!1日中満喫できるデートプラン【後編】

カップルデート
moo
喧嘩中不細工な彼氏をひっぱたく彼女

彼氏に携帯を見られた体験談「学校いちのブスww」を見られた結末【前編】

イラついた体験ガッカリ体験
ori
お台場 レインボーブリッジ

お台場の景色をテラス席から一望できる『響』で贅沢ディナーをした感想

お台場カップル
ori
鎌倉デートの画像

鎌倉デートならここがおすすめ!1日中満喫できるデートプラン【前編】

カップルデート
moo
彼女が寝ているすきに携帯を見る彼氏

彼氏に携帯を見られた体験談「学校いちのブスww」を見られた結末【後編】

イラついた体験ガッカリ体験
ori
EXPERI のトップページへ