プラダの人気トートバッグ「カナパ」は買わない方がいい!?実際に使って分かったオススメしない理由とは?

プラダの人気トートバッグカナパ

「プラダ カナパ」には難点が・・


 
プラダといえば、
誰もが一度は手にしてみたい人気ブランドの一つ。
 
そんなプラダで大人気のトートバッグ「カナパ」は
見た目がとっても可愛くて街中で持っている人をよく見かけますよね。
 
 
私は、はじめて持つハイブランドバッグは
絶対プラダと決めていたため、
 
見た目が可愛くて一目惚れした「カナパ」を購入しました!
 
しかし、実際に使ってみると、
購入したことを後悔した難点を見つけてしまいました。。
 
 
買わない方がいい!というわけではありませんが・・
 
購入しようか迷っている方や
欲しいなと思っている方に向けて
 
買って後悔したその理由をお伝えしていきます!
(良かったポイントもちょこっと紹介♪)
 
 

念願のカナパ♪


 
念願のプラダ♪一目惚れしたカナパ♪
 
もちろん、良い点はたくさんあったので、
まずは使ってみて思ったいい所をご紹介します♪
 
 
私はこのバッグを買う前に
レザーのバッグを使っていたのですが、
 
レザーのバッグと比べると圧倒的に軽い!
肩こりが酷い私には嬉しいポイントでした♪
 
また、
サイドのスナップボタンを外すと口が大きく開くので、
荷物が多い私にとって物の出し入れがしやすいのも高評価!
 
さらに、
内側にはファスナーポケットとオープンポケットが
備わっているため収納力にも優れています!
 
そんな抜群の使い勝手の良さにハマり
汚さないよう、大事に大事にヘビロテしていました!
 
 
しかし・・・
 
 
大事に使っていたにも関わらず、
 
「6ヶ月目」にして無様な姿に・・
 
 

6ヶ月使いまわした結果


 
たった6ヶ月。
たった6ヵ月です。。
 
 
カナパ6ヵ月使用後の「無様な姿」がこちら▼
 
プラダ2
 
まずは、表面のロゴマーク。
 
かすれてきて少し消えかかってきています。
このまま使えばいつかはまっさらになりそうな予感・・
 
シミも少し見受けられます。。
 
 
そして、この持ち手部分▼
 
プラダ3
 
色褪せがスゴイんです!!(泣)
 
色褪せだけでなく汚れもかなり目立っています。
 
使っていた時期が夏場だったということも
あるとは思いますが、
持ち手部分の劣化が一番早かったです。。
 
 
まだ終わりません、こちらもご覧ください▼
 
プラダ1
 
穴あき、ほつれ!!
 
私は潔癖症なので、
絶対に地面にバッグを置かないのですが(笑)、
なぜだか、底面の角?あたりがボロボロに。。
 
 
写真はとっていないのですが、
バッグの中も外側と同じように汚れてしまいました。
 
 
たった半年の命でした。
 
大事に大事に使っていたのに。。(泣)
 
 

汚れを落とす方法は?


 
汚れを落とす方法を調べてみると、
 
「洗濯はNG」とのこと。
 
それは、
生地の中に型くずれ防止の芯材としてボール紙が入っているため
濡らしてはいけないという事でした。
 
 
それならば!
 
と、歯ブラシに少し石鹼を付けて擦ってみました。
 
若干綺麗になった部分はありましたが、
シミなどには全く効果なし。。
 
そもそも、色落ち部分って
もうどうしようもない状態ですよね。(笑)
 
 
カナパのお値段はサイズにもよりますが
「10万前後」です。
 
どうにかしなくては。。
ということで、
 
「ブランドバッグのクリーニング」
 
に頼んでみることにしました。
 
 
そして見積もりをだしてもらったのですが・・
 
なんと「2万3千円」かかると言われてしまいました。
(値段相場は汚れ方にもよるらしい)
 
その時は2万3千円を即金で払う余裕もなく、
クリーニングは諦めたのですが・・
 
 
4年経った今でもまだクリーニングに出していません(笑)
 
 

まとめ


 
プラダの人気トートバッグ「カナパ」を
買わない方がいい理由、それは・・
 
「すぐ汚れる」
 
 
そして、汚れを綺麗に落とす方法は
 
「クリーニングに出すしかない」
 
 
大事に使っていてもすぐ汚れてしまい、
汚れを落とす方法はクリーニングしかなく、
ブランドバッグのクリーニングはクリーニング代が高すぎる!
 
ということです!(笑)
 
たま~に使うなら大丈夫だとは思いますが、
 
「いっぱい使うぞ~!」
という思いで購入を考えの方は再度ご検討してみてください・・!

ori

投稿者: ori

趣味は旅行、美容、ギャンブル、食べる事。のんびりと生きている25才です。 趣味を中心に様々な記事を書いていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です