罰ゲームでよみうりランドのバンジージャンプに挑戦させられた結果・・・【後編】

頭を抱えて叫ぶロシア人の画像

上まで行くことすら恐怖・・・。

 
準備も整ったところで、
いよいよ階段を上っていきます。
 
しかし、階段が金網になっているので、
下が透けて見えるのです!!!
 
階数が上がっていくごとに、
本当に怖すぎて足が震えました。
 
友達が下から名前を呼んでくるのですが、
下なんてもう絶対見ませんでした。
 
こうして、一番上までなんとか到着。
 
その瞬間に、
初めて下を見てしまったので、
いきなり高さを実感してしまい震えました・・。
 
 
高さはなんと22m!!!
 
これは、ビルの7階に相当するらしいです。
 
もうこれは自殺レベルですね・・。
 
こんなかわいい遊園地に、
バンジージャンプがあることに恨んだ瞬間でした(笑)
 
 

ついにバンジージャンプに挑戦・・・!

 
ついに飛ぶときが来た・・!
 
と、思ったところでしたが、
私の前には若い外国人のカップルがいました。
 
「カップルでバンジーかぁ・・すごいなぁ・・」
 
と思いながら、飛ぶ瞬間を後ろから見ようと思いました。
 
しかし、
彼女が飛ぶ直前で号泣!!!
 
なんとここでリタイアしたのです!
 
彼女が泣く中で、
彼氏が飛ぶわけにもいかなかったみたいで、
そのカップルは階段を下りていきました。
 
 
私は、まじで動揺しました。
 
急に私の順番が来たことに焦るのと同時に、
リタイアするほどの恐怖という現実を改めて実感したのです。
 
そんなことをゆっくり考えている間もなく、
スタッフさんがロープをセットし、
そしてスタート位置に誘導され、
「つま先を少し出してください」と言われました。
 
つま先を出した瞬間、
心臓が飛び出るほどドキドキが止まらなくなりました。
 
何も抵抗できずに、
スタッフさんから注意点を言われました。
 
・手は頭の上につけた状態にすること
 
・ロープをつかもうとしてはいけない
 
・勢いをつけたり、ジャンプせずに、まっすぐ前に倒れこむこと
 
他にも言われたかもしれませんが、
怖すぎてこれしか覚えていませんでした。(笑)
 
 
「では、手を頭の所で組んでください!」
 
「3.2.1、バンジーと私が言うので、そのあと自分のタイミングで飛んでくださいね!」
 
 
 
もうここまで来たら逃げられません。
 
 
 
 
「3.2.1、バンジー!!!!!」
 
 
 
心臓が飛び出ました。
 
落下してる瞬間、
絶叫マシーンにあるようなふわっと感なんかじゃありません。
 
「あ、死んだ。」と思いました。
 
上下の感覚も分からなくなり、何が何だか分からなくなりました。
 
私は、もう怖すぎて「キャー」という声も出ませんでした(笑)
 
 
 
一度落下して、またゴムの力で上昇して、
また落下して・・・と繰り返す中で、
友達の声が聞こえました。
 
後から聞くと、
「上にいるときから呼んでたのに!!」
とのこと。
 
怖すぎて、友達の声も耳に入っていなかったみたいです(笑)
 
 
この後、
興奮状態は10分くらい収まりませんでした。(笑)
 
 
こんな体験もうイヤです・・・・
 
 

まとめ

 
人生初のバンジージャンプ!
 
まさかこんな形で体験するなんて思いませんでした。
 
この経験から分かったことは、
「寝坊をしてはいけない!」ということです(笑)
 
ろくなことがありません。(笑)
 
 
しかし、
バンジージャンプを飛んだことで、
もう怖いものなんてないんじゃないか?と少し自信が付きました(笑)
 
気になる方は、
ぜひ一度バンジージャンプを体験してみてはいかがでしょうか?
 

moo

投稿者: moo

好奇心旺盛21歳女子大生♡美味しい食べ物・コスメ・美容に興味あります!さまざまなジャンルで記事を投稿していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です