セブ島で憧れの“ジンベイザメツアー”に格安で参加した方法【後編】

オスロブについたら


 
ついたらまずは、
ツアーの受付場所を探しましょう。
 
ウロウロしていると
現地の人が声をかけてくれました!
 
いくつか会社がありますが、
特に差はないので
あまり並ばないところがいいと思います。
 
私は『BCD’S PLACE』というところにしました。
 
受付メニューには、
 
1.船からジンベイザメを見る(約1000円)
 
2.シュノーケリングで一緒に泳ぐ(約2500円)
 
3.ダイビングで一緒に泳ぐ(約5000円)
 
4.水中撮影オプション(約1000円)
 
の4つがありました。
 
 
ダイビングは手間もお金もかかるので‥
 
シュノーケリング
 
が一番お手頃でおすすめです!
 
シュノーケリングだけで
とても満足できると思いますが、
 
水中カメラも低価格で撮影してくれるので
わたしは注文しました。
 
これ、ジンベイザメとの写真を
何十枚も撮ってくれるので
ぜひ注文してみてくださいね。
 
受付が終わると、
ロッカーに荷物を預けて
水着に着替えました。
 
その後、英語でいくつか説明されます。
 

いざ、シュノーケリング!

 
説明が終わると、
いよいよ船に乗って出発します。
 
この時ライフジャケットを
つけて発車するのですが、
もぐるときは外します!笑
 
安全なのかよくわかりませんね。。
 
ジンベイザメの近くに船が着くと、
「船から降りていいよ」
係員から指示がでます。
 
そして潜ってみてみると・・・
 
ジンベイザメが何匹も
優雅に泳いでいるのです!
 
ほんっとに目の前に
あの水族館の人気者がいるんです!!
 
近くで見れたときは
とても感動しました。
 
餌に連れられて泳いでいるので、
ジンベイザメが
危害を与えてくることはありません。
 
水中カメラで係員さんにとってもらう写真は、
なんと無料でデータを送ってもらえるのです!
 
旅のいい思い出になること間違いなしですね。
 

ジンベイザメツアーがおわったら

 
ツアーが終わったら、
写真のデータを受け取って
着替えて荷物を持って終了です。
 
あっという間に終わってしまいます・・
 
そしてまた、4時間かけて
バスに乗らなければなりません。
 
行きと違うところは、
バス停がないところなんです!
 
なので、大型バスが来たら
タクシーのように手を上げて止めます。
 
止まってくれるか心配でしたが
きちんと止まってくれました。
 
ここでも、行き先は
サウスバスターミナルです。
 
上に書いたようにバス停がないので
バスの行き先表示を見て、
運転手さんにも聞くと安心ですよ!
 
帰りのバスは暖かかったので、
バスによって寒暖差があるのかもしれませんね。
 
無事サウスターミナルに到着したら
長旅も終了です!
 
 
自力で行くのはそんなに難しくないので、
セブに行ったときはぜひ
 
ジンベイザメツアー
 
に参加してみては?
 
 
ジンベイザメと泳ぐツアーの一覧はこちら >>
icon
 
icon
icon

セブ島で憧れの“ジンベイザメツアー”に格安で参加した方法【前編】

ジンベイザメツアーって知ってる?


 

水族館でよくみかけるジンベイザメ。

 

とってもキュートな見た目なので、

人気者のおさかなですよね。

 

しかし、どんなに可愛くても

所詮は危険なサメ。

 

近寄ることはできませんよね。

 

でも、

セブ島の最南端オスロブでは

 

ジンベイザメと一緒に

海で泳ぐことができるんです!!

 

その距離わずか30㎝以内!!

 

きれいな海の中でジンベイザメに

驚くほど近づくことができるんです。

 

夢のような話だと思いませんか?

 

今回はそんなジンベイザメツアーに

自力で参加した私の体験談を紹介いたします。

 

ジンベイザメツアーはやっぱり高いの?

 

セブ島に旅行する際に、

ジンベイザメツアーの存在を知った私は

インターネットですぐに調べました。

 

すると、

 

日本の旅行会社ではセブ島に旅行する際に

ジンベイザメツアーを

セットでプランニングしているところが

多いようでした。

 

しかし価格帯は2~3万上乗せなので

とても払える額ではありません。。

 

そこでオススメなのが、

 

自力でツアーに参加すること!

 

自力で参加すれば、なんと

 

価格を10分の1に抑えることが

できちゃうんです!!

 

なんてお得なんでしょう!

 

私は自力でジンベイザメツアーに

参加することを決めました。

 

オスロブまでの行き方〈タクシー編〉

 

ジンベイザメツアーは

セブ島のなかのオスロブというところで

主に行われています。

 

ツアーで含まれている場合は

ホテルから直通でオスロブまで行き

自動的に参加できます。

 

しかし、今回は自力で参加するので

ホテルからタクシー&バス

乗り継いでオスロブまで向かいます。

 

わたしはセブ島の離島、

マクタン島のホテルに宿泊していたので、

オスロブまでの道のりは

とても過酷なものでした・・笑

 

なんと所要時間5時間!

 

まず、オスロブまで直通のバスに乗るために

タクシーでバス乗り場まで向かいます。

 

セブはタクシーの価格も安いので

1000円もしないで

バス停までつくことができます。

 

時間は読めないので

グーグルマップなどで検索して

少し多めに見ると良いですよ。

 

バスは、サウスターミナル発ですので

運転手さんに間違って伝えないよう

気を付けてください!

 

オスロブまでの行き方〈バス編〉

 

サウスターミナルに到着したら、

「DOOR 08」「DOOR 09」を探します。

 

どちらかのバス停から

オスロブ行がでているはずですが、

「OSLOB」の行き先が書いてあるか

きちんとチェックしましょう。

 

ちなみに、

 

「DOOR 08」はエアコン付のバス

「DOOR 09」は窓開きっぱなしのバス

 

という違いがあります。

 

ネットで調べたところ、

 

窓開きっぱなしは

悪い空気が入ってくる

 

という情報を得た私は、

エアコン付きのバスを選択しました。

 

しかしこれが大誤算!!

 

バスの車内が鬼のように寒く

3時間凍えることになりました。

 

ジンベイザメツアーに参加するなら、

エアコン対策のために

あたたかい上着をもっていると

よさそうです。

 

オスロブについたら降りましょう。

 

目印は黄色い看板です。

 
 

後編につづきます!