不眠症の私が快眠できるようになった【寝る前に実践した3つのこと】睡眠薬に頼らず寝付けるナチュラル睡眠導入法

眠いのになぜだか眠れない‥


私は、ベッドに入ってから
なかなか寝付けないことがとても多かったです。
 
どんなに疲れて帰ってきても、
なぜかベッドに入った瞬間
目がさえてしまうのです。
 
「明日もロングでバイトなのに‥」
「明日は早起きしてデートなのに‥」
 
はやく起きなければいけない時ほど
焦って眠れないことが多かったです。
 
(まるで小学生の遠足前日ですよね。笑)
 
どんどん生活リズムが狂い、
一時期は睡眠薬を服用するほど
悪化してしまいましたが、
 
今ではベッドにはいれば
簡単に眠れるようになりました!
 
それは、寝る前に
ある3つのことをするようになったからなんです。
 
今回は寝付けない人必見の
 
簡単に眠れるようになる方法
 
を伝授します!
 
 

寝る前にすること①


寝る前にすること①は、
 
ぬるめのお湯につかることです!
 
人の身体は、体温が下がると、
自然と眠くなるようにできているようです。
 
しかし、不規則な生活が続くと
体温が下がりにくくなり、
不眠の原因につながってしまうのです。
 
私はいつも、お風呂はシャワーのみで
短時間で済ませることが多かったのですが、
 
これを知り、寝る1時間前までに、
40℃のぬるめの湯船につかるようにしました。
 
40度のお湯につかることで、
自分の平熱まで体温が下がり、
身体がだんだん眠くなるようになるんです。
 
お風呂あがりから1時間くらいすると
自然と眠れるようになりました。
 
 

寝る前にすること②


寝る前にすること②は、
 
スマホやパソコンを見ないことです!
 
これ、携帯依存症のわたしにとっては
かなり地獄なのですが、
見るか見ないかでほんとうに変わります。
 
 
デジタル機器から出るブルーライトは、
眠りに欠かせない物質「メラトニン」の
分泌を止めてしまうんです。
 
たった1件のメールをチェックしただけで、
エスプレッソ2杯飲んだのと同じぐらいの
興奮状態になってしまうんです‥
 
 
いつも私は寝る直前まで
ずっとスマホを見ていましたが、
 
見ているとだんだん目がさえてきて
全然眠くならないんですよね。
 
お風呂からあがってからベッドに入るまで
思い切ってスマホをみないようにしてみました。
 
すると、目を閉じると
すぐに眠れるようになったんです!
 
最初はスマホが気になって仕方なかったですが、
続けていくうちにだんだん慣れますよ。
 
 

寝る前にすること③


寝る前にすること③は、
 
音楽を聴くことです!
 
寝る前に聴くと効果がある音楽は、
『クラシック・ヒーリングミュージック』です。
 
寝る前にこういった種類の音楽を聴くことで
身体がリラックスして眠りやすくなります。
 
夜は、昼間に働いた交感神経が
副交感神経に切り替わるので、
この時にリラックスしていることが重要なんです!
 
モーツァルトやバッハの曲には、
「1/fゆらぎ効果」という独特のリズムがあり、
 
自律神経のバランスを整える働きがあるため、
スムーズに眠れるようになるのです。
 
 
私は、寝る前に携帯を見るのをやめて
とっても暇だったので、
寝る前は穏やかなクラシックを聴くようにしました。
 
音楽はYouTubeなどで検索すると、
たくさんでてきますよ。
 
目を閉じて音楽を聴いていると
疲れが取れて、とってもリラックスできるんです。
 
自然と眠りにつけるようになりました。
 
 

たった3つでも効果抜群!


いかがでしたか?
 
寝る前たった3つのことをするだけで
今まで眠れずに悩んでいたことが嘘みたいに
簡単に眠れるようになりました!
 
 
①寝る1時間前くらいにぬるめのお湯につかる
 
②リラックスできる音楽を聴く
 
③ベッドにスマホはもっていかない
 
 
この3つを意識して行いましょう。
 
もし眠るのが苦手だなあと悩んでいるなら
ぜひぜひ実践してみてほしいです。
 

寝れない夜にぜひ試して!『カウントダウン睡眠法』が凄すぎた☆

寝れない夜ってどうしてる?


寝れない女性
 
夜なかなか寝れなくて困っていませんか?
 
寝付けないと翌日のことを考えて焦ったり、
マイナスなことを考えてしまったり、
必死になって寝ようと努力をすると
ますます寝れなくなってしまいますよね。。。
 
そんな時に試して欲しいのが、
ネットで「1分で寝れる!」と話題の
 
『カウントダウン睡眠法』
 
なんです!!
 
 
私は最近、”気づいたら朝を迎えていた”
ということが頻繁にあったため、
半ば半信半疑で試してみたのですが・・・
 
本当にビックリするほどの効果を実感できたのです!
 
今回はそんなカウントダウン睡眠法のやり方や、
実際に試してみた感想をお話しします!
 
 
「寝たいのに寝れない」
 
「眠いのに寝れない」
 
「疲れているのに寝れない」
 
と悩んでいる方必見です!!!

 
 

カウントダウン睡眠法のやり方


100
 
カウントダウン睡眠法はどんなに寝れなくても、
”たった1~2分で眠りにつける”
とネットで話題になった睡眠法です。
 
 
やり方はとってもシンプル!
 
100から99・・98・・97・・・
 
と頭の中で数えます。
 
ポイントは、「ゆっくり数えること」
 
呼吸を吸って吐いてする間に
ひとつ数えるくらいのスピードがベスト!
 
そして、「あれ、今いくつだっけ?」と
数字が分からなくなったらもう一度100から数え直します。
 
やり方は以上!たったこれだけです♪
 
 
夜になると気分が落ちてしまうことを考えてしまいがちですが、
数字をゆっくりと数えることで心をリラックスさせることができ、
その結果、眠りに繋がるというのです。
 
噂によると、「1」までたどり着いた人はいないんだとか・・・。
 
そんなカウントダウン睡眠法、
効果はいかほどのものなのでしょうか・・・!

 
 

実際に試してみた感想

こんなんで本当に眠れるの!?
と半信半疑で試してみたところ・・・・
 
 
なんと!!!
 
 
全く眠くなかったにも関わらず、
5分(体感)で眠りにつくことができたのです。
 
 
これ本当に本当です。(笑)
 
 
初めて試した時は、
途中(70くらい)で数字が分からなくなり
1度だけ100から数え直したのですが、
その後はどこまで数えてることができたのか全く記憶にありません。
 
まさかこんなにすんなり眠れるとは思ってもいなかったので本当に感動しました。
 
そして初めて試した日以来、何度も試しても、
必ず60前後で意識を失うのです!
 
噂にあった、“「1」までたどり着いた人はいない”
これは噂ではなく事実だと思いました!
 
 
また、数字を数える事に集中しているため、
無駄な事を考えることがなくなり気分が悪くならないので、まさに一石二鳥な睡眠法!!
 
寝れなくて困っている方に、
胸を張ってオススメできます!!!

 
 

まとめ


寝てる女性
 

今回は寝れない時にぜひ試して欲しい、
『カウントダウン睡眠法』をご紹介しました。
 
何度試しても必ずすんなり眠りにつけるこの睡眠法・・・
 
本当にすごいです!!!
 
寝れなくて困っている方は、
半信半疑でもいいのでぜひ一度試してみて下い♪

朝スッキリ起きられる睡眠アプリ「Sleep Meister」がすごい!実際に試した感想・使い方をご紹介します!

睡眠アプリSleep Meister(スリープマイスター)とは?


スリープ5
 
■App Storeでの評価
 
・37.647件中・・★4.5
・総合ランキング第1位!
 
たくさんの方々に支持されている睡眠アプリ。
 
端末に内蔵されている「加速度センサ」により
人の体動を感知し、
眠りの浅いレム睡眠時にアラームを鳴らしてくれる為
快適な目覚めをサポートしてくれます!
 
”寝起きが悪い人の味方”なんです!
 
 
今回は、かれこれ1年間利用しているわたしが
睡眠アプリの凄さ・使い方をご紹介します!
 
 

機能・使い方

◇機能◇
 
■睡眠サイクルの記録
■レム睡眠時に鳴るアラーム
■いびき・寝言の録音機能
■入眠時に自動停止する音楽プレイヤー
 
眠りの質をグラフにまとめて統計してくれるので、
自分の眠りの質を客観的に見れ管理できます。
 
 
◇使い方◇
 
アラーム音・スヌーズ等を設定する。
 
スリープ1
 
寝言やいびきの録音したい場合は
「録音」をON!
 
スリープ
 
アラーム時刻を設定しスタートボタンを押し
ホームボタンでアプリを閉じる。
 
スリープ2
 
アプリを閉じたら枕元に置いて
後は寝るだけ☆
 
起床後はスライダーをスライドさせ
計測を停止します。
 
 

実際に試してみて

わたしはもともと寝つきが悪く、
夢ばかりみるので、(しかも悪夢。笑)
良い睡眠がとれていないことは自覚していました。
 
5時間寝ようが10時間寝ようが
寝起きはいつも悪く、
 
また、1年中鼻詰まりの鼻炎なので、
朝は苦しんで起きるなど、
本当に眠りの質が悪く困っていました。
 
 
▼そんなわたしの計測データをご覧ください▼
 
スリープ3
 
【就床時間】→睡眠STARTボタンを押した時間
【入眠時間】→意識を失った時間
【鳴動時間】→アラームがなった時間
【就床時間】→就床してから起きるまでの時間
【睡眠時間】→眠っていた時間
【覚醒時間】→起床してから目を覚ましていた時間
【入眠潜時】→就床してから寝るまでの時間
【中途覚醒】→途中で目が覚めた回数
【スムーズ】→スムーズした回数
【睡眠効率】→就床時間に対する睡眠時間の割合

 
こんなにも細かく計測してくれるんです。
 
データをみると、5~6時が
一番深い眠りについているのがわかります。
 
そしてなんと睡眠効率が97.8%!
 
思っていたよりよく眠れていることがわかりました。
 
 
肝心の寝起きは・・・
「ナイス目覚め!」
 
このアプリを使ていないときと比べると
朝気持ちよくすんなりと起きれることができます!
 
浅い眠りの時に起こしてくれるだけで
こんなにも寝起きが違うのかと驚きました。
 
 
そして寝言やいびきの計測は、
時間ごとにしっかりと録音してくれます。
 
スリープ4
 
グラフが上がっているところが
何かしらの音が入っている表示なんですが、
 
わたしは寝言やいびきはかいていなく、
そのかわり、寝返りした音や、外を走る車の音、
家族がドアを開け閉めする生活音などが
録音されてしまいます(笑)
 
女の人の声が録音されていたらどうしようと
怖くて聞けないため、
この機能は最初以外使っていないです(笑)
 
自分が寝言やいびきをかいているのか
確認してみたい方は試してみてくださいね。
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
「スリープマイスター」は
朝スッキリ起きられないを解決してくれる
優秀アプリでした!
 
このアプリに出会って1年ほど経ちますが、
これからもずっと利用したいと思っています。
 
目覚めが悪い方は
一度、試してみてくださいね。