デートにオススメ!最近流行りの野外シネマに行ってきた感想☆

野外シネマとは?


最近流行ってきている野外シネマ
 
野外に大きなスクリーンが設置され
上映を椅子や地面に座って観る映画です。
 
最近気になっていた野外シネマに
行く機会があり実際に行ってきました!
 
今回はその感想をお届けします☆
 
 
 

TOKYO LOVE STORY CINEMA


私が行ったのは
ザ・プリンスパークタワー東京
プリンス芝公園が会場となった
 
TOKYO LOVE STORY CINEMA
 
野外シネマの画像
 

東京でいちばんロマンティックな場所
”東京タワー”のふもとで
この秋いちばんドラマティックな
屋外シネマ体験をしてみませんか?

 
をコンセプトに美しくも切ない
ラブストーリーを2夜連続で上映。
 
1日目:ロミオ+ジュリエット
2日目:007/カジノ・ロワイヤル
 
 
私は2日目に行きました!
 
上演前にはDJが音楽で
気分を盛り上げてくれます。
 
飲食ブースもあり、
軽食やドリンク(アルコール有)
も販売されていました!
 
会場に用意されていた椅子は
寄りかかると倒れるリクライニング。
リラックスして映画を楽しめました♪
 
 
とにかく雰囲気抜群すぎ
 
巨大スクリーンの横には
ライトアップされた東京タワー。
都心にいるということを忘れるくらい
映画の音声しか耳に入ってきません。
 
気が付くと2時間半の上映も
あっという間に終わっていました。
 
映画館で見るのとは違い
美しいロケーションの中
巨大スクリーンで見る野外シネマは
開放的な気分になりリフレッシュにも◎
デートにもピッタリなイベントです!
 
注意点としては、
・天候によっては中止になること
・気温によって自分で防寒などしっかりする
 
この2つは野外なので避けられません!
自分でしっかり準備をして
映画を楽しめるようにしましょう♪
 
 
 

まとめ


今回は野外シネマ
『TOKYO LOVE STORY CINEMA』
に行った感想をお届けしました!
 
これ一度行くとかなりはまります!
またこのようなイベントがあったら
絶対に行こう!と思いました☆
 
野外シネマはまだまだ
開催数が少ないイベントです。
そのためチャンスがあったら
ぜひ足を運んでみてください!
 
自分が映画の世界に入り込んだような
素敵な体験ができるはずですよ♪
 
 
 

絶対笑えるコメディ映画『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』が面白すぎる!実際にみた感想・レビュー

コメディ映画「ハングオーバー」が超笑える!


ハングオーバー
 
2009年に公開されたハングオーバーシリーズの第1作目。
 
『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』
 
この映画は、
 
「死ぬまでに観たい映画1001本」
「ゴールデングローブ賞」
 
など数々の賞に選ばれいる作品。
 
何度見ても笑える”おバカ””下品”な映画です。
 
 
今回は実際にみた感想をお届けします。
※ネタバレなし
 
ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔いをアマゾンでチェック >>
 
 

キャスト・あらすじ

■監督 トッド・フィリップス
 
■出演 ブラッドリー・クーパー
    エド・ヘルムズ
    ザック・ガリフィアナキス
 
◇あらすじ◇
 
結婚式を2日後に控えたダグは、悪友2人と新婦の弟を連れ、
独身最後の夜を満喫するためラスベガスへと向かい
友人たちと高級ホテルで散々バカ騒ぎをして楽しんだ。
翌日、酒やギャンブルでバカ騒ぎをした4人は目覚めると
”ひどい二日酔い”そして前夜の記憶はすっぽりと抜けていた。
ホテルの部屋には2日後に結婚する花婿ダグの姿はなく、
代わりに1匹の虎と乳児が・・・。
 
記憶がない空白の時間に何があったのか!?
 
3人は二日酔いの頭で必死に記憶をたどる。
 
そして彼らのおバカで救いようのない
 
”衝撃の事実”が明かされる!
 
 
【ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い 予告編】

 
 

みた感想

わたしは正直コメディ映画はあまり好きではなく、
見たいとも思わないタイプですが、
 
「本当に面白いから絶対みて!!」
 
と、ごり押しされて見てみました。
 
 
実際にみてみて・・超面白い!
 
コメディ映画で笑ったのは初めてです。
 
 
二日酔いで目覚めた3人は
2日後に結婚式を控えた花婿がいない
荒れ果てた部屋・・
 
全く記憶がない。
 
お酒を飲み過ぎて全く記憶がなくなることは
実際経験済みなので(笑)
 
「お酒飲み過ぎないようにしなきゃ・・」
と強く思わせてくれる映画でもあります。
 
あとは、仲のいい男達が集まると
こんな感じなのかなぁと
 
「男ってバカだなぁ~」
 
という視点でみるのも楽しいです(笑)
 
最初の数分で見入ってしまう構成で、
中盤でもハプニングが次々と起こるため
最初から最後まで飽きることなく見終わることができます!
 
そしてエンドロールが最高に面白い!
 
下ネタが結構多いので、下品なのはちょっと・・
というかたにはオススメできませんが、
 
「絶対笑いたい、元気が欲しい」
 
そんな時にぜひみてほしい作品です。
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
「ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い」
 
この映画は”ただただ笑える”
非常に面白い作品でした!
 
ハングオーバーシリーズは3作品あるので
絶対に他のシリーズもみたくなってしまうと思います!
 
まずはこちらの第1作目からみてみてくださいね♪

自分だったら・・と考えると背筋がゾッとする恐怖のパニック映画3選!洋画の中から厳選して選んでみました☆

ドキドキハラハラが止まらない!


パニック
 
【パニック映画とは】
 
災害や大惨事など突然の異常事態が起こり
それに立ち向かう人々を描く映画作品。
 
もしその状況下に陥った時
自分ならどうしよう。と考えると
恐怖が止まりません!
 
今回は、ハラハラドキドキが味わえる
 
《海》
 
《雪山》
 
《自然災害》
 
でのパニック映画(洋画)を厳選し、
3本立てでご紹介します!
 
 

オープン・ウォーター


オープンウォーター
 
最初に紹介するのが
「オープン・ウォーター」です。
 
◇簡単なあらすじ◇
 
互いに多忙ですれ違っていた夫婦ダニエルとスーザンはなんとか休暇を取りカリブ海に旅行へ行った。
そこでダイビングのツアーに参加するが、ガイドの手違いで、夫婦は海の真ん中で取り残されてしまう。
 
海のど真ん中に取り残された2人の運命とは・・
 
 
もう、想像するだけで恐怖ですよね。
 
最初からラストまで見ごたえがあり、
じわじわと恐怖が押し寄せてきます。
 
そしてこの映画なんと
「実話」なんです!
 
また、本物のサメ使ってるのでリアル感がすごい。
 
実話だと思ってみると
精神的にやられてしまいますし、
海に行きたくなくなってしまいます(笑)
 
ラストが印象的な映画です。
 
 
【オープン・ウォーター 予告編 (字幕版)】

 
オープン・ウォーターをアマゾンでチェック >>
 
 

フローズン


フローズン
 
次に紹介するのが「フローズン」です。
 
◇簡単なあらすじ◇
 
スキー場で楽しむダン、ジョー、パーカーの3人。
最後のひと滑りをしようとリフトに乗り込むが、
彼らに気づかず係員がリフトを停止してしまう。
ゲレンデが営業を再開するのは1週間後。
 
地上15メートルのリフトに置き去りにされた3人の行方は・・!?
 
 
この映画は当然ながらリフトのシーンがメインに
ストーリーが進んでいきます。
 
マイナス20度の極寒や食料不足に耐え切れない3人。
 
「自分だったらどうやって脱出しよう・・」
と深く考えさせられます。
 
グロイ描写があるので、
グロイのが苦手な方にはオススメできません。
 
 
最後のオチは賛否両論かもしれませんが、
飽きずに観ることができる映画です!
 
この映画をみた後
実際にリフトに乗ったとき思い出すので
恐怖にかられます。
 
なので、スキー場に行く前に
観てみてほしい作品です(笑)
 
 
【フローズン 予告編】

 
フローズンをアマゾンでチェック >>

 
 

ジオストーム


ジオストーム
 
最後に紹介するのが「ジオストーム」です。
 
◇簡単なあらすじ◇
 
地球を守ってきた宇宙ステーションはウィルス感染により、地球に猛威を振るい始めた。異常気象を次々と引き起こす宇宙ステーションの暴走は止まらず、様々な災害が同時多発で起きてしまう。地球壊滅災害“ジオストーム”の発生まで残された時間はわずか。
 
人類滅亡までのカウントダウンが始まる中、地上チームはこの地球の危機を救えるのか・・
 
 
この映画は、自然の脅威を感じることはもちろん
人間同士のストーリーも楽しめるのが魅力。
 
各地で大災害が起こるのですが
東京もやられてしまいます!(うわぁぁ~)
 
映像は迫力満点だらけなので、見ごたえたっぷり!
 
今、私たちが住んでいる地球でも
異常気象が起きているのも事実。
”いつ何が起こってもおかしくないんだと”
改めて実感できるそんな映画です。
 
 
【ジオストーム 予告編】

 

ジオストームをアマゾンでチェック >>
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
今回は洋画パニック映画
 
・オープン・ウォーター
 
・フローズン
 
・ジオストーム
 
3本立てでご紹介しました。
 
自分だったらどうしよう・・と考えると
背筋がゾッとなる映画です。
 
「なんだか最近刺激が足りないな」
 
と思いの方にぜひみていただきたいです♪

見てみなきゃ分からない!奥が深いおすすめ単館上映映画特集(海外映画編)

 

いきなりですが皆さん!

映画はお好きですか?

 

私は週4本(映画館や自宅含め)は必ず見るほどの映画好きです。

一日最大6本を映画館で見たこともあります。

 

そんな私が今まで見た中でこれは絶対に見てほしいと思う映画を厳選したのでぜひ参考にしてみてくださいね。

  

映画と一括りに言っても

 

洋画、邦画、韓国映画、中国映画、フランス映画

 

などといった制作国の違いから

 

アクションやミステリー、サスペンス、ホラー、ラブストーリー、ヒューマンドラマ、ファンタジー

 

と多岐に渡り、いろいろなジャンルに分かれていますよね。

  
そして一番の大きな括りといえば
 

ジャーかマイナーかの違い。

  

明確な線引きはないにしても、なぜか皆さん自然とこれはメジャーこれはメジャーじゃないと分別していませんか?

別にそれが悪いと言っているわけではありません。

 

ただめちゃくちゃいい作品が沢山あるのに、

あまり知られていないのが映画好きの私としては悔しいのです!!

 

映画とは幸せの宝庫!

今回皆さんに知って貰いたいのはずばり

単館上映系映画!!!!!

  

え、なんで?
メジャーな方が面白いに決まってるじゃん!!!

  
と思ったそこのあなた。

 
そんなことないんです!!!!

 
単館映画館でしか

味わえない感動

そこにはあるんですよ。

 

もちろん好き嫌いはあるかもしれませんが、まず単館映画ものが初めてでも素直に楽しめる映画を3本立てでご紹介いたします。

 ではさっそく。

 

怪物はささやく  -自分探しの旅に出たい人にオススメ-


 

 
制作国 アメリカ・スペイン合作
監督 フアン・アントニオ・バヨナ
出演者 ルイス・マクドゥーガル
      フェリシティ・ジョーンズ
      シガニー・ウィバー
      トビー・ケベル
      リーアム・ニーソン
 
こちら少しダークめなファンタジー映画となっております。
小さいころに誰しもが見たであろう悪夢。
夢と現実が入り混じる、白昼夢のような幻想的な世界観。
一見子供向けの映画のようなパッケージですが、がっつり大人が楽しめる映画でございます。
昔を思い出しながら鑑賞しても良いですが
もしこの主人公が自分だったらと考えながら見ると、また違った角度で映画を楽しめると思いますよ。

見終わった後の胸を締め付けるような切なさと、じんわりと頬を伝う涙の味はこの映画でしか味わえない醍醐味でしょう。

 

愛、アムール  -泣きたい時にオススメ-


 

 
制作国 オーストラリア・フランス・ドイツ合作
監督 ミヒャエル・ハネケ
出演者 ジャン=ルイ・トランティニャン
      エマニュエル・リバ
      イザベル・ユペール
      アレクサンドル・タロー
      ウィリアム・シメル
 
大人の真実の愛。
どれだけ歳をとってもお互いを愛する気持ち、譲れない想い。
愛するからこそ決断した哀しい選択…。
どこを切り取っても美しく、情緒あふれる恋愛映画です。
当たり前にあった時には気づけなかった大切なもの…
そんな存在に改めて気づかされる映画です。

 

きっと、うまくいく  -自信をつけたい人・悩んでいる時にオススメ-

 
監督/脚本 ラージクマール・ヒラーニ
制作国 インド
出演者 アーミル・カーン
       カリーナ・カプール
       R・マーダバン
       シャルマン・ジョーシー
       ボーマン・イラニ
 
とにかく終始笑って泣ける映画です。
思い切って泣きたいとき、すっきりしたいとき、嫌なことがあって何も考えたくないとき、ハッピーになりたいとき…
どんな時でもオッケーです。
笑って幸せになれる映画!!
それが「きっと、うまくいく」です。
そう、人生なんてそんなもんです。
「きっとうまくいく」魔法の言葉だと私は思います。
どんな状況でもポジティブでいればどうにかなるんです、なってしまうんです。
そして自分に自信を持て。
自分がやっていることに責任を持て。
この映画が伝えたい言葉はこういう事なんじゃないかと思います。
私が感化された名言を一つ。
「成功を求めて勉強してはいけない。成功の背中を決して追うな。美徳に従えば成功は自ずとついてくるものだ。」

あまり熱を伝えすぎるとネタバレになってしまいそうなので、ここまでにしておきますね。(笑)

 

最後に


 
以上厳選作品三本立てでした。
今回は海外編でまとめてみましたが、これから邦画のオススメもご紹介していこうと思っていますので宜しくお願いします!!
私の個人的な主観が盛り込まれていますが、どれも素晴らしい作品なので絶対に観て損はしませんよ。
どれも映画賞を取っていたり、有名な俳優さんが出演していたりとメジャーではないだけできちんと世界で認められている作品ばかりです。
もちろんここに載せきれない作品もたくさんあって、私自身もっとたくさんの人に知って頂きたいと思うものばかりなので、海外編もまた少しずつ増やしていこうかなと思ってます!!
私も週4本見ているといっても知らない作品もまだまだ沢山あるので、映画は未知の世界ですが…それがまた魅力。
そんな魅力をここを通して共有できればなと。
映画で少しでも皆さんの生活が豊かになれば幸いです。

Good for a movie life!