自分だったら・・と考えると背筋がゾッとする恐怖のパニック映画3選!洋画の中から厳選して選んでみました☆

高層ビルが崩れ落ちそうになる瞬間

ドキドキハラハラが止まらない!


パニック
 
【パニック映画とは】
 
災害や大惨事など突然の異常事態が起こり
それに立ち向かう人々を描く映画作品。
 
もしその状況下に陥った時
自分ならどうしよう。と考えると
恐怖が止まりません!
 
今回は、ハラハラドキドキが味わえる
 
《海》
 
《雪山》
 
《自然災害》
 
でのパニック映画(洋画)を厳選し、
3本立てでご紹介します!
 
 

オープン・ウォーター


オープンウォーター
 
最初に紹介するのが
「オープン・ウォーター」です。
 
◇簡単なあらすじ◇
 
互いに多忙ですれ違っていた夫婦ダニエルとスーザンはなんとか休暇を取りカリブ海に旅行へ行った。
そこでダイビングのツアーに参加するが、ガイドの手違いで、夫婦は海の真ん中で取り残されてしまう。
 
海のど真ん中に取り残された2人の運命とは・・
 
 
もう、想像するだけで恐怖ですよね。
 
最初からラストまで見ごたえがあり、
じわじわと恐怖が押し寄せてきます。
 
そしてこの映画なんと
「実話」なんです!
 
また、本物のサメ使ってるのでリアル感がすごい。
 
実話だと思ってみると
精神的にやられてしまいますし、
海に行きたくなくなってしまいます(笑)
 
ラストが印象的な映画です。
 
 
【オープン・ウォーター 予告編 (字幕版)】

 
オープン・ウォーターをアマゾンでチェック >>
 
 

フローズン


フローズン
 
次に紹介するのが「フローズン」です。
 
◇簡単なあらすじ◇
 
スキー場で楽しむダン、ジョー、パーカーの3人。
最後のひと滑りをしようとリフトに乗り込むが、
彼らに気づかず係員がリフトを停止してしまう。
ゲレンデが営業を再開するのは1週間後。
 
地上15メートルのリフトに置き去りにされた3人の行方は・・!?
 
 
この映画は当然ながらリフトのシーンがメインに
ストーリーが進んでいきます。
 
マイナス20度の極寒や食料不足に耐え切れない3人。
 
「自分だったらどうやって脱出しよう・・」
と深く考えさせられます。
 
グロイ描写があるので、
グロイのが苦手な方にはオススメできません。
 
 
最後のオチは賛否両論かもしれませんが、
飽きずに観ることができる映画です!
 
この映画をみた後
実際にリフトに乗ったとき思い出すので
恐怖にかられます。
 
なので、スキー場に行く前に
観てみてほしい作品です(笑)
 
 
【フローズン 予告編】

 
フローズンをアマゾンでチェック >>

 
 

ジオストーム


ジオストーム
 
最後に紹介するのが「ジオストーム」です。
 
◇簡単なあらすじ◇
 
地球を守ってきた宇宙ステーションはウィルス感染により、地球に猛威を振るい始めた。異常気象を次々と引き起こす宇宙ステーションの暴走は止まらず、様々な災害が同時多発で起きてしまう。地球壊滅災害“ジオストーム”の発生まで残された時間はわずか。
 
人類滅亡までのカウントダウンが始まる中、地上チームはこの地球の危機を救えるのか・・
 
 
この映画は、自然の脅威を感じることはもちろん
人間同士のストーリーも楽しめるのが魅力。
 
各地で大災害が起こるのですが
東京もやられてしまいます!(うわぁぁ~)
 
映像は迫力満点だらけなので、見ごたえたっぷり!
 
今、私たちが住んでいる地球でも
異常気象が起きているのも事実。
”いつ何が起こってもおかしくないんだと”
改めて実感できるそんな映画です。
 
 
【ジオストーム 予告編】

 

ジオストームをアマゾンでチェック >>
 
 

まとめ

いかがでしたか?
 
今回は洋画パニック映画
 
・オープン・ウォーター
 
・フローズン
 
・ジオストーム
 
3本立てでご紹介しました。
 
自分だったらどうしよう・・と考えると
背筋がゾッとなる映画です。
 
「なんだか最近刺激が足りないな」
 
と思いの方にぜひみていただきたいです♪

ori

投稿者: ori

趣味は旅行、美容、ギャンブル、食べる事。のんびりと生きている25才です。 趣味を中心に様々な記事を書いていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です