まるで天国!ハワイの高級ホテル『ハレクラニ』のレストラン『オーキッズ』で優雅なモーニングを食べてきた感想・レビュー☆

ハレクラニとは?


ハワイで人気の
老舗の高級リゾートホテル
 
『ハレクラニ』
 
ハレクラニの外観画像
 
ハレクラニはハワイ語で
天国にふさわしい館という意味です。
 
その意味にピッタリといえるほど
館内はまるで天国のような雰囲気。
 
そんなハレクラニ内のレストランの
モーニングが最高に優雅で贅沢!
と聞いたので実際に行ってきました!
 
今回はその感想・レビューを
お届けします☆
 
 
 

オーキッズで贅沢モーニング


ハレクラニ内のレストランで
モーニングをいただけるのは二か所。
 
・オーキッズ
・ハウス ウィズアウト ア キー
 
今回私達が訪れたのは
 
『オーキッズ』
 
オーキッズの外観画像
 
ハウス ウィズアウト ア キーの
モーニングはビュッフェスタイル。
 
今回はゆったり朝食を食べたかったので
オーキッズを予約して訪れました。
 
ここの朝食は予約必須です。
特に景観の良い席が良い場合は
早めの予約をしていきましょう。
 
予約はこのサイトからできます!

OpenTable >>
 
 
ドレスコードはタンクトップ、水着、
スポーツウェア、ビーチサンダルの
着用での利用が禁じられているくらいです。
 
 
私達が案内された席は
海とダイヤモンドヘッドを
眺められるビーチサイドの席。
 
オーキッズからの眺めの画像
 
青い海に青い空。
喧騒を忘れる穏やかな空間。
まさに天国にいるかのようでした。
 
 
 

オススメは絶品エッグベネディクト!


オーキッズの朝食のメニューは
とても豊富です。
 
定番のパンケーキやオムレツやフルーツなど
新鮮な地元の食材が使われています。
 
こちらが朝食のメニューです。

ブレックファストメニュー >>
 
 
私たちが選んだメニューはこちら!
 
・Scottish スコティッッシュ 19ドル
・Traditional トラディショナルエッグベネディクト 18ドル
オーキッズのエッグベネディクトの画像
 
私が頼んだスコティッシュは
サーモンを使ったエッグベネディクト。
 
半熟でとろとろなポーチドエッグや
ホランデーズソースのまろやかさと
塩気のあるサーモンがマッチして
最高に美味しかったです♡
 
付け合わせのポテトも美味しくて
十分お腹いっぱいにもなる大満足な一品です。
 
 
席に着いた時点で
コーヒーか紅茶か選択でき
なくなったらスタッフが注いでくれます。
 
なので食後はコーヒーを飲みながら
オーキッズの雰囲気を堪能してました。
 
消費税やチップなども合わせ
一人約30ドルの贅沢なモーニングでした♡
 
 
 

まとめ


今回はハレクラニ内の
オーキッズのモーニングに
行った感想をお届けしました!
 
まさに天国のような空間で
絶品朝食をいただきました。
 
朝食で30ドルというと贅沢に思えますが
あの優雅な空間やお料理のクオリティを
考えると全然高く思いません!
 
ぜひ皆さんもハワイ旅行の際には
オーキッズの優雅で贅沢な朝食を
食べに行ってみてくださいね♪
 
 
 

ハリウッドセレブも訪れるタイ・ランタ島の『ピマライリゾート&スパ』が天国すぎた!実際に宿泊した感想をお届けします【後編】

ピマライリゾート&スパのレストラン


今回はピマライリゾート&スパ内にある
オススメレストランをご紹介します!
 
敷地内には3つのレストランがあります。
 
・The Seven Seas
・Spice N’ Rice Thai Restaurant
・Rak Talay Beach Bar and Restaurant
 
この中で私は
・The Seven Seas
・Spice N’ Rice Thai Restaurant
を利用しました!
 
ピマライリゾート&スパ内のレストランは
多くの宿泊者が利用するため予約をオススメします!
 
 
 

The Seven Seas


Hillsideにある
 
『The Seven Seas』
 
西洋料理中心とした高級ダイニングです。
 
とにかくここはロケーションが最高!
山の高い位置にあるので海が一望できます。
 
The Seven Seasの画像
 
The Seven Seasの画像
 
天気がいいと美しいサンセットを見ながら
お酒や料理を楽しむことができます。
なんという贅沢・・・。
 
 
肝心な料理もさすがなクオリティです。
 
The Seven Seasの料理の画像
 
The Seven Seasの料理の画像
 
The Seven Seasの料理の画像
 
西洋料理中心ですが
味噌やトムヤムクンを
味付けのベースにした料理もあり
どの料理も凝っていて絶品でした!
 
メイン3品・サイド1品・デザート1品+3杯で
3人で約14,000円くらいでした!
 
 
ディナー時間帯でテラス席は予約必須!
サンセットが見たい場合には
ハッピーアワーの時間帯から
予約するとちょうどいいですよ♪
 
【The Seven Seas】
・料理  西洋の高級ダイニング
・ハッピーアワー 5.30 – 6.30pm
・ディナー    6.30 – 10.30pm
 
 
 

Spice N’ Rice Thai Restaurant


Beachsideにある
 
『Spice N’ Rice Thai Restaurant』
 
本格的なタイ料理を
いただけるダイニングです。
 
店内はリゾート感溢れる広々としており
海に面してる席では心地いい風を感じます。
 
Spice N’ Rice Thai Restaurantの店内画像
 

 
 
ホテルの料理ってお洒落だけど味は・・
なんてこともありますよね?
 
しかしここのタイ料理はどれも本格的!
しかもお値段もリーズナブルでした♪
 
Spice N’ Rice Thai Restaurantの店内画像
 
メニューもタブレットで画像がついているので
タイ料理に馴染みがない人でもわかりやすいです☆
 
メイン3品(+ライス)・デザート3品+ドリンク3杯
これで3人で約6,000円弱でした!
 
 
ここは予約しなくても
早い時間であれば待つことはありませんが
良い席がいいなら予約をオススメします!
 
【Spice N’ Rice Thai Restaurant】]
・料理   タイ料理
・ディナー 6.30 – 10.30pm
 
 
 

まとめ


前編・後編に分けて
 
『Pimalai Resort and Spa』
 
についてご紹介しました!!
 
本当にまるで天国みたいな場所!
何もしない贅沢とはこういうことだと思いながら
心も身体もリフレッシュすることができました☆
 
タイに旅行に行く時や
リゾートに行きたい時は
ぜひピマライリゾート&スパを
候補に入れてみてくださいね!
 
 
 

ハリウッドセレブも訪れるタイ・ランタ島の『ピマライリゾート&スパ』が天国すぎた!実際に宿泊した感想をお届けします【前編】

タイ・ランタ島


タイ南部に浮かぶランタ島
ランタ・ヤイとランタ・ノイという
2つの島をまとめてランタ島と呼ばれます。
 
タイのリゾート地はプーケットが有名ですが
ランタ島も美しいビーチや自然が広がる島です。
 
そんな秘かに人気なランタ島には
いくつかのリゾートホテルがあります。
 
その中でもハリウッドセレブなど著名人も訪れ
トリップアドバイザーやagodaで絶賛される
極上のリゾートホテルがこちら。
 
『Pimalai Resort & Spa(ピマライ・リゾート&スパ)』
 
ピマライリゾート&スパの画像
 
ここに実際に2泊3日で宿泊してきました☆
今回はその感想をお届けします!!
 
 
 

ピマライ・リゾート&スパへのアクセス


私はバンコクに前泊していたので
朝一の便でスワンナプーム国際空港から
最寄りであるクラビ空港まで行きました。
 
予約時に便名・名前・到着時刻を伝えると
ピマライ専用車で空港まで迎えに来てくれます。
 
まずは空港から港まで約1時間。
ピマライ専用のフェリー乗り場があります。
 
ピマライリゾート&スパのフェリー乗り場
 
専用のフェリー乗り場があるなんてさすが!
ここで冷たいドリンクを出してくれたり
細やかな心配りが嬉しかったです♪
 
フェリーはとても立派で
船酔いの心配もありません。
と言っても乗船は5分程度なので
船酔いが不安な人も安心です(笑)
 
そこからさらに車で約40分~50分すると
ピマライリゾート&スパに到着です。
 
 
移動が長いので日程に余裕を持つこと
車酔いしやすい人は酔い止めを飲むこと
この2つは覚えておいてください!
 
 
 

ピマライリゾート&スパの全貌


アンダマン海を一望できる山の斜面一面を
ホテルにしたのがピマライリゾート&スパ。
 
ピマライリゾート&スパのフロントの画像
 
全体がTHEリゾートという雰囲気の
ゆったりとした空気が流れています。
 
Hillside(山)Beachside(海)
2つのエリアに分かれており
どちらの行き来も可能です。
 
こちらはBeachside側
ピマライリゾート&スパのビーチサイド
 
こちらはHillsideの入口です
ピマライリゾート&スパのヒルサイドの画像
 
歩くのは坂が急で結構大変なので
基本はカート移動になります。
(呼んだら迎えに来てくれます)
 
 
部屋はプライベートプールがある豪華な部屋から
2人で宿泊するのに丁度良い広さの部屋まで
様々なタイプが用意されています。
 
どのタイプの部屋にしても
リゾート感が溢れ清潔感があります!
 
ピマライリゾート&スパの部屋の画像
 
ピマライリゾート&スパの部屋の画像
 
 
料金は部屋によってだいぶ異なりますが
私はローシーズンに3人で2泊して
合計約8万円くらいでした!
意外とリーズナブルじゃありませんか!?
 
 
ホテル敷地内には
スパ・ライブラリー・ショップ
3つのレストラン・バー
フィットネス設備・2つのプール
と施設と設備も充実していました!
 
 
 

ロケーション最高のインフィニティプール


敷地内にはBeachsideとHillsideに
一つずつプールがあります。
 
このプールがとにかく最高なんです!
最近流行りのインフィニティプール
サンセットを望むことができるロケーションです。
 
こちらはBeachsideのプール
ピマライリゾート&スパのプール
 
こちらはHillsideのプール
ピマライリゾート&スパのプール
 
やばくないですか?
ほとんどの人がこのプールサイドで
1日中のんびりしてました♪
 
 
 

プライベートビーチもあります!


ピマライ専用のプライベートビーチもあるので
Beachsideからはすぐビーチに出ることができます。
 
ピマライリゾート&スパのビーチ
 
もちろん遊泳もOK!
泳ぎ疲れたら休憩できる
レストランもビーチにあります!
 
 
現実を忘れたい人にはぴったりの(笑)
ピマライリゾート&スパ。
 
本当に天国か!と思うくらい
のんびりゆったりリフレッシュできます。
 
後編ではそんなピマライリゾート&スパの
オススメレストランをご紹介します!
 
 
 

バンコクの絶景を望めるBarでセレブ気分!5つ星ホテル『Banyan Tree Bangkok』のルーフトップバーに行ってきた感想☆

高級ホテル『Banyan Tree Bangkok』


タイ・バンコクにある
5つ星高級ホテル
 
『Banyan Tree Bangkok』
 
バンコク屈指の高級ホテルの一つで
世界中のセレブが宿泊しに訪れます。
 
 
そんなBanyan Tree Bangkokには
61階に有名なルーフトップバーがあります。
 
『MOON BAR』
 
Banyan Tree BangkokのVertigo&MoonBarの画像
 
手前が「Vertigo」というレストラン。
フレンチベースのコースをいただけます。
その横を抜けた奥が「MOON BAR」です。
 
Vertigoは18:00にオープン。
予約必須で予算は10,000円~/人。
MOON BARは17:00にオープンですが
予約不可なので先着で席が埋まります。
 
どちらもホテルに宿泊しなくても
利用することができます!
 
そんなMOON BARに実際に行ってきたので
今回はその感想をお届けします☆
 
 
 

MOON BARの雰囲気


MOON BARから全体を見渡すと
船のような形をしています。
 
Vertigo&MoonBar全体の画像
 
 
MOON BARの中央には
バーカウンターがあり
囲うようにテーブル席があります。
 
MOONBARのバーカウンターの画像
 
とにかく雰囲気が抜群!!
まるでセレブになった気分(笑)
 
 
MOONBARはオープン後続々と人が増え
1時間立つ頃にはほぼ満席になります。
 
オススメはオープンから日没の時間帯。
天気が良かったので美しい夕陽を
見ることができました!!
 
MOONBARから見た夕陽の画像
 
 
夜は全体的にライトアップされ
さらにラグジュアリーな雰囲気に。
 
MOONBARの夜の雰囲気の画像
 
こんなところで美味しいお酒を飲むなんて
夢のような最高な時間でした♡
 
もちろん夜景も最高に綺麗です!
 
バンコクの夜景の画僧
 
バンコクは東京に似た都会なので
夜景も建物の光などでキラキラしています。
この夜景は感動モノの美しさでした!
 
 
 

メニュー・予算は?


アルコール類がとても充実しているMOON BAR。
オシャレで美味しいカクテルが中でもオススメ。
ジュースやノンアルコールカクテルもあるので
お酒が苦手な方も大丈夫ですよ☆
 
 MOONBARのお酒の画像
 
席に着いたら出てくるのが
真ん中の器の3種類のおつまみ。
(食べ途中ですみません笑)
 
これ意外と美味しいんです!
なくなったらサービスでどんどん
お代わりを持ってきてくれるので
料理を頼まなくてもこれだけでいけます。
 
 
1杯ずつお酒を飲んだら
平均予算は約2000円~/人
 
ビール・カクテル×2・ジュースを頼んで
サービス料やチャージなど諸々含め
4人で約6000円くらいだったので
とっても良心的なお値段ですよね!
 
 
 

ドレスコードは?


ドレスコードはスマートカジュアル
 
短パン・ビーチサンダル・スポーツウェアでは
入店は禁じられていますが女性は緩めです。
 
男性の方が厳しめですがスーツとまではいかなく
Tシャツやポロシャツの人が大半でした!
ズボンは長い丈のものが良いと思います!
 
ビジネスマンっぽい人から
観光客まで様々な服装の人がいるので
そんなにかしこまって行く必要はありません。
 
 
 

まとめ


今回はBanyan Tree BangkokのMOON BAEに
実際に行った感想をお届けしました!
 
日本だったら手が届かないような雰囲気の
ラグジュアリーで雰囲気抜群のBARでしたが、
ここではリーズナブルに観光客がお酒を楽しめます!
 
私は絶対に再訪しよう!
と心に決めました(笑)
 
ぜひバンコクに訪れた際には
足を運んでみてくださいね♪
 
 
 

会員制リゾートホテルって何?中はどうなっているの?実際に泊まってみた感想☆

会員制リゾートホテルとは?


会員制リゾートホテルとは、
そのホテルを運営する企業の会員権を購入し
会員になることによって利用できるホテルです。
 
会員権の費用以外にも年会費や固定資産税、
そして宿泊するたびの室料や食事代がかかり、
VIPな方々が利用しているホテルとも言えます。
 
しかし会員の家族や友人の場合、
オーナーカードを持参すると宿泊できます。
社長が会員になっている会社は、
福利厚生施設として利用可能です。
 
 
そんな会員制リゾートホテルに
宿泊する機会をいただいたので
実際に泊まってきました!
 
今回はその感想をお届けします☆
 
 
 

エクシブ箱根離宮


今回私が宿泊したのは、
 
『エクシブ箱根離宮』
 
エクシブ箱根離宮の外観画像
 
リゾートトラスト株式会社が運営する
会員制リゾートホテルのひとつであり、
箱根という事もあり人気が高いです。
 
箱根登山鉄道「宮ノ下駅」から徒歩5分と
アクセスがいい場所に立地しています。
 
 
エクシブ箱根離宮のエントランス画像
 
エントランスから漂う高級感。
こちらではしっかりと身分確認があります。
 
それでは実際に泊まった部屋や
いただいた食事をご紹介します!
 
 
 

部屋の雰囲気は?


部屋は4種類のグレードがあります。
 
・スーパースイートグレード
・スイートグレード
・ラージグレード
・スタンダードグレード
 
1泊の室料は部屋によって異なり、
約14000~32000円となっています。
 
 
私はスイートグレードの
1bed洋ルームに宿泊しました!
 
エクシブ箱根離宮のスイートグレードの部屋の画像
 
こちらの客室の定員は2名ですが、
2名ではもったいないくらい広々としています。
 
エクシブ箱根離宮のスイートグレードの部屋の画像
 
ベッドルームはシックで落ち着く空間。
ベットのサイズもゆったりしていて
寝心地は最高でした!
 
エクシブ箱根離宮のスイートグレードの部屋の画像
 
露天風呂付客室ではないものの
外の眺望を楽しむことができる
広々としたバスルーム。
 
 
部屋は全体的にシックで
落ち着く空間になっていました!
広々としていて静かなので
ゆったりと過ごすことができます。
 
アメニティも充実しており
バスローブやナイトウエアもあるので
余計な荷物がいらないのも嬉しいポイント☆
 
 
 

食事はどうなの?


レストランは6つあります。
 
・箱根 華暦(日本料理)
・杜季(炭火鉄板焼き)
・翠陽(中国料理)
・リストランテターナ(イタリア料理)
・ベラヴィスタ、ミーツスクエアコルテ(バイキング)
 
この中からレストランとコースを
選んで予約します。(素泊まりでもOK)
選ぶコースによって料金は異なり
室料とはまた別途料金がかかります。
 
 
私は鉄板焼きの杜季でディナー、
箱根華暦で朝食をいただきました。
 
・杜季 ダイアモンド(料理長厳選コース)
 
エクシブ箱根離宮 杜季の内装画像
 
高級感漂う内装に期待が高まります♡
シェフが目の前で数々の料理を作ってくれます。
 
エクシブ箱根離宮 杜季の料理画像
 
エクシブ箱根離宮 杜季の料理画像
 
エクシブ箱根離宮 杜季の料理画像
 
エクシブ箱根離宮 杜季の料理画像
 
とにかく食材がすべて豪華!
それを使ってシェフが作る料理は
とっても絶品で贅沢なディナーでした。
 
 
・箱根 華暦 和朝食
朝食は目の前に広がる自然を眺めながら
体に優しい和朝食をいただきました!
 
箱根 華暦の朝食の画像
 
箱根 華暦の朝食の画像
 
朝から穏やかで幸せな気持ちになれます。
エクシブ箱根離宮の食事のクオリティは
さすがとしか言いようがありませんでした!
 
 
 

まとめ


会員制リゾートホテル『エクシブ箱根離宮』に
実際に宿泊した感想をお届けしました!
 
エクシブ箱根離宮は派手さや豪華さよりも
シックで落ち着く大人な空間でした。
温泉も施設内にあります!
 
団体客や外人客がいないので
落ち着いてゆったり過ごすことができます。
スタッフのサービスももちろん一流でした。
 
こんな贅沢なホテルに泊まれることは
二度とないかもしれませんが、
可能ならばまた宿泊したいです!
 
 
 

贅沢で非日常な夜を☆東京『ホテルニューオータニ』のナイトプールに行ってきた感想や持ち物をご紹介します!

大人気!東京『ホテルニューオータニ』のナイトプール


都内屈指の一流ホテル、
東京『ホテルニューオータニ』
 
そんなニューオータニの『GARDEN POOL』では
今年もナイトプールが開催されています!
(7月20日(金)~9月16日(日)の期間)
 
ニューオータニのナイトプールは
毎年話題になる大人気のナイトプールです。
 
営業時間は18:00~22:00(最終入場21:00)
お仕事帰りにも十分ゆっくりすることができます!
 
今回はニューオータニのナイトプールに
ナイトプール初心者の私が実際に行ってみた感想と、
持っていくと便利だなと思った持ち物などをご紹介します!
 
 
【ホテルニューオータニ東京「GARDEN POOL」詳細】
営業期間:2018年7月20日(金)~9月16日(日)
営業時間:デイプール:9:00~19:00(最終入場18:00)
     ナイトプール:18:00~22:00(最終入場21:00)
休業日 :ナイトプールのみ毎週日曜日(8/12・19、9/16は営業)
 
ホテルニューオータニ東京「GARDEN POOL」のHPはコチラ >>
 
 
 

お値段は?


ナイトプールの料金(大人)
平日
外来10,000円 宿泊2,000円
土日祝・指定日
外来12,000円 宿泊者2,000円(※8/10~8/16は土日祝料金)
 
さすがホテルニューオータニ。料金も大人価格です(笑)
 
ナイトプールと宿泊がセットになったプランもあります!
・ザ・メイン スタンダードルーム
 1室 ¥30,400〜(1名さま ¥15,200〜)
・ガーデンタワー スタンダードルーム
 1室 ¥23,200〜(1名さま ¥11,600〜)
これくらいのお値段なら旅行感覚で宿泊もして満喫しよう
という人も多いみたいです!確かにお得感ありますよね!
 
 
 

雰囲気は?


自然に囲まれライトアップされた「GARDEN POOL」は
まるで海外のリゾートにいるかのような非日常の雰囲気。
 
金曜日と土曜日の週末にはプールサイドのDJスペースで
人気DJがBGMを演出し盛り上げてくれます。
 
ホテルニューオータニのナイトプールの画像
 
プールにライトアップにDJ・・
ナイトプールに行くのが初めてだった私は
そんなキラキラした空間と人に馴染めるか不安でした(笑)
 
しかし!!
ニューオータニのナイトプールはまさに
「大人の贅沢空間」
 
ムード溢れる空間もBGMも温水のプールも全てが心地よく、
贅沢で非日常感に溢れながらも落ち着いている雰囲気に酔いしれました。
 
ホテルニューオータニのナイトプールの内観
 
このようなSNS映えするスペースもちゃんとあります!
 
 
また2階にある
テラスダイニング「OUTRIGGER」では
お洒落で美味しいお酒やハンバーガーやタパスなどの
幅広い種類の本格的なフードも楽しめます!
 
プールサイドで美味しいお酒と料理まで楽しめるなんて
本当に贅沢で幸せな空間ですよね♡
 
 
 

持ち物は?


持ち物は基本的には
水着とビーチサンダルだけでOK!
 
ロッカー完備でドライヤーやアメニティは揃っており、
バスタオルとバスローブも借りることができます。
なのであったら便利だなと思った持ち物を下記で紹介します!
 
 
・浮き輪やビーチボール
 ナイトプールで本格的に泳いでいる人はあまりいません(笑)
 浮き輪などでプカプカ浮いてのんびりしている人が多いです。
 販売はしていないので忘れないようにしましょう!
 
・スマホや貴重品の防水ケース
 ナイトプールでは写真をたくさん撮ると思うので、
 スマホの防水ケースはマストアイテムです。
 またお酒やフードはその場の現金orカード払いなので
 それらを持っていられる防水ケースがあると便利です!
 
 
 

まとめ


いかがでしたか?
 
今回は東京『ホテルニューオータニ』の
ナイトプールをご紹介しました!
 
ニューオータニのナイトプールは
非日常感を味わえる大人の贅沢空間でした☆
 
ぜひ自分へのご褒美に足を運んでみて下さい!
きっと癒されてリフレッシュできると思います!
 
 
【ホテルニューオータニ】
所在地  東京都千代田区紀尾井町4‐1
電話番号 03-3265-1111
ホテルニューオータニのHPはコチラ >>
 
 
 

伊豆 夏旅行にオススメ☆目の前が浜辺のリゾートホテル・透明度抜群ビーチをご紹介します!【前編】

今井浜東急ホテルとは


今井浜東急ホテル2

 
夏の海水浴旅行先はもうお決まりですか?
 
1泊2日を存分に楽しみたい方にオススメしたいのが
 
伊豆にある
「今井浜東急ホテル」「今井浜海水浴場」です!
 
今井浜東急ホテルは
 
”伊豆のハワイ”と称され、
 
【楽天トラベル】
アンケート件数:483件・・★4.53
(※2018年5月22日現在)
 
と誰もが絶賛する高級リゾートホテル。
 
 
全室オーシャンビューなので
 
青い海と白い砂浜の景色
 
を堪能することができます!
 
 
ホテルの庭から今井浜海水浴場に直結しているので
海水浴旅行には最適なんです♪
 
 
◇基本情報◇
 
住所:〒413-0503 静岡県賀茂郡河津町見高今井35-1
 
電話番号:0558-32-0109 FAX: 0558-32-1668
 
今井浜東急ホテル公式サイトはこちら >>
 

今井浜東急ホテルを楽天トラベルでチェック >>

 
 

東京駅からの行き方


 
◇東京方面◇
 
交通

出典:https://www.tokyuhotels.co.jp/imaihama-h/access/index.html

 
わたしは東京駅から新幹線で熱海へ行き、
熱海で伊豆急行に乗り換える行き方で行きました!
 
東京駅から2時間ちょっとなので
疲れずに行くことができますよ♪

 
 
最寄りは「今井浜海岸駅」
今井浜駅

出典:http://www.izukyu.co.jp/guide/guidemap/kakueki/imaihama.html

 

到着したら目の前に海が見えます!
海を眺めながら少し歩けば到着です。
 
約徒歩3分と書いてありますが、
土地勘のない私でも地図を見ずに
徒歩3分以内で行けたので迷うことはないと思います♪

 
 

プラン詳細と高級感溢れるお部屋のご紹介

わたしが予約したプランは
 
【しず得ほっこり】人気の鉄板焼き「Komachi」
1日1組限定!本格鉄板焼きプラン(1泊2食)

 
お部屋は自分で選択できます!
 
値段は1人 31,400円(税込)でした!
 
 
お部屋は全134室あり、
 
”全室オーシャンビュー”なんです!
 
二階建て形式の客室や洋室、和洋室、
最上階にあるスイートルームなど様々なお部屋があります。
 
 
わたしが泊まったお部屋はこちら!
ツインルーム

出典:https://www.tokyuhotels.co.jp/imaihama-h/room/index.html

 
「ツインルーム」です。
 
シンプルだけど高級感のあるさわやかなお部屋でした!
 
 
お部屋からは青く輝く
オーシャンビューの絶景が一望できます。
 
海3
 
 
海2
 
夜の景色も素敵。
 
バルコニーへ出ると波の音が心地よく聞こえ、
めちゃくちゃ癒されました・・。
 
 
他のお部屋もちょこっとご紹介します!
 
スイートルーム

出典:https://www.tokyuhotels.co.jp/imaihama-h/room/index.html

 
こちらは「スイートルーム」です。
 
高層階にあるので更に絶景の景色なんでしょう!
 
一度泊まってみたいです(笑)

 
ファミリールーム

出典:https://www.tokyuhotels.co.jp/imaihama-h/room/index.html

 
こちらは「ファミリールーム」です。
 
とっても素敵な和洋室。
 
ダブルベッドが4台あるみたいなので、
家族や大人数で行く際に最適ですね♪
 
 
こう見ると、わたしが泊まったシンプルなお部屋が
少し霞んでみえますが・・(笑)
 
十分素敵なお部屋だったので、
「ツインルーム」でも大満足できますよ♪
 
 

贅沢でおいしいご飯♡

◇夕食◇
 
夕食は日本料理やフランス料理、鉄板焼きを選ぶことができます。
 
わたしがは鉄板焼きのプランを選んだので、
 
夕食は「本格鉄板焼き」を堪能しました。
 
 
鉄板焼きは、
ステーキハウス「舞子浜」という
レストランでいただきます。
 
シェフ

出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/522/gallery.html#category00000004

 
シェフが目の前で調理してくれるシステムです。
 
◇料理内容◇
 
・アミューズ
・舞子浜サラダ
・サザエと帆立貝のスープ、サフラン風味
・金目鯛の鉄板焼き(80g)
・オマールソース
・青海苔と貝類のソース
・焼き野菜盛り合わせ
・お椀物、香の物
・本日のアイスクリーム 又は シャーベット
・コーヒー 又は 紅茶
 
 
【メインはこちらの3つから選択】
   
・国産牛ロース肉のステーキ(80g)
・オマール海老の香草蒸し焼き(1/2尾)
・国産豚ロース肉のステーキ(200g)
 
 
【お食事はこちらの3つから選択】
      
・ガーリックライス
・わさび丼
・白御飯
 
 
メイン料理は「国産牛ロース肉のステーキ」
お食事は「ガーリックライス」を選びました。
 
肉

出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/522/gallery.html#category00000004

 
メインのロース肉は超とろけます・・。
お肉好きにはたまらないおいしさでした。
 
野菜が結構多めでしたが、
地場の野菜は新鮮で絶品です。
 
 野菜
 

出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/522/gallery.html#category00000004

 
どの料理も絶品でしたが、
お腹がはち切れる量の多さでした(笑)
 
 
目の前にずっとシェフがいるので、
残してはいけないという重圧感と、
 
高級感溢れている雰囲気のため、
少し話にくかったので、
 
”気楽にワイワイご飯を楽しみたい”
 
ってかたにはオススメしません(笑)
 
”とにかく美味しいご飯が食べたい”
 
ってかたには超オススメです♪
 
 
◇朝食◇
 
朝食はレストラン「シャングリ・ラ」で、
 
”ブッフェ”でした!
 
朝食

出典:https://www.tokyuhotels.co.jp/imaihama-h/restaurant/shangrila/breakfast/index.html

 
和食・洋食があり種類豊富!!
 
パンがすごく美味しかった印象です♪
 
すごく混むので、席待ちがありましたが、
レストランの外にあるテラス席だと空いていたので
(暑いからだと思います)
「テラス席でもいい」と伝えると
待たずに案内してくれると思います!
 
 
夕食も朝食も大満足でした♪

 
 

その他の施設

今井浜東急ホテルは、
ホテルなのに「温泉」があるんです!
 
温泉2

出典:https://www.tokyuhotels.co.jp/imaihama-h/spa/hotspring/index.html

 
【営業時間】
14:00~翌11:00(サウナ・ジャグジーは14時~24時)
 
【効能】
関節痛/神経痛/慢性消化器病
 
海での日焼けで温泉に入る人は少ないだろうと思い
利用しましたが・・・予想的中!
 
夜11時ごろ行きましたが、ガラガラでした♪
 
外の景色は見えませんが、
夏の温泉もなかなか気持ちよかったです!
 
日焼けが酷くなければオススメします(笑)
 
 
また、ホテル内には「プール」があります。
 
プール

出典:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/522/gallery.html#category00000000

 
「大プール」「子供用プール」の2種類あり、
無料で遊ぶことができます。
 
利用したかったのですが、
沢山の子供たちに占領されていたので
はいれませんでした(笑)
 
【営業期間】
2018年7月1日(日)~9月16日(日)
 
 
後編へつづく・・。
 
後編は今井浜東急ホテルの目の前にある
「今井浜海水浴場」です!

お客様満足度No.1『横浜ロイヤルパークホテル』の最上階フロアに泊まってみた!普通のフロアとは何が違うの?

誕生日にリッチな体験を‥♡


横浜には横浜のシンボルともいえる
横浜ランドマークタワーがありますが、
 
そんなランドマークタワーの中にある
高級ホテルが
『横浜ロイヤルパークホテル』です!
 
横浜に行ったことがある人なら
だれもが一度はみたことがあるのではないでしょうか。
 
ロイヤルパークホテルに泊まれば、
横浜の夜景をすべて独り占めできちゃうほど
とっても素敵なホテルなのです。
 
今回わたしは、
彼氏の誕生日のお祝いとして、
このホテルの最上階に宿泊してきました!
 
最上階はどんなお部屋なのか?
なにか特別な特典はあるのか?
 
などさまざまなことを
紹介していきたいとおもいます。
 
 

横浜ロイヤルパークホテルって?


横浜ロイヤルパークホテルは、
日本で一番高い場所にあるホテルなので
空と隣り合うホテルとも呼ばれています。
 
季節、時間、天候、方角で
さまざまに変容する空を、
超高層階から眺めることができちゃうんです。
 
また、
きめ細やかなホスピタリティが行き届いているので
お客様満足度No.1を獲得しているホテルなんです。
 
 
横浜ランドマークタワーの
52階から67階に
ロイヤルパークホテルの客室があり、
 
すべてのお部屋がゆったりと寛げる
インターナショナルサイズなので、
 
広がる空と港町ヨコハマの眺望とご一緒に、
非日常の時間を過ごすことができます!
 
 
また、地上277m、
ランドマークタワー最上階(68階)には
スカイラウンジがあり、
 
ビジネスやプライベートの
さまざまなシーンで使うことができる、
 
8つの和・洋・中のレストランがあるので
特別な日のお祝いにぴったりなんです!
 
 
さらに、横浜市内最大級の大宴会場であり、
日本で一番高い場所にある
スカイバンケットルームというものがあります。
 
正統派のホテルウエディングや
世界からのお客様をお迎えするコンベンションなど
 
さまざまな用途として使える、
大小12の宴会場が準備されています。
 
 
宿泊する際は、
 
チェックインが15時、
チェックアウトが10時になっていますが、
 
追加料金を払えば
それより滞在することも可能です。
 
 
部屋数は全部で603室あり、
 
◆52F~59F:レギュラーフロア
 
→ファミリールームやバリアフリールームなど、
 多彩な客室
 
◆60F~64F:スカイリゾートフロア
 
→窓際に配置したカウンターから
 絶景を楽しむことができる客室
 
◆65F〜66F:クラブ ザ ランドマークフロア
 
→最高級カテゴリーのクラブフロア
 
◆65F〜66F:スイートルーム
 
→65~290平方メートルのゆとりある客室。
 贅を尽くしたスイートルーム。
 
◆67F:トップ オブ スカイリゾートフロア
 
→客室最上階、贅沢な客室。
 
こちらの5つのフロアに別れています。
 
 
今回は、
トップオブスカイリゾートフロア
宿泊してみたので、
 
67階について紹介していきます!
 
 

最上階『67階』に泊まってみた!


67階には、
5つの部屋タイプがあります。
 
①コンフォートダブル
ビジネス利用やプライベートステイに。
 
②プレミアムダブル
キングサイズのベッドにジェットバスまで!
 
③コンフォートツイン
すっきりしたレイアウトで快適な居住空間。
 
④デラックスツイン
ゆったりとしたレイアウトと大きな窓が特徴。
 
⑤コーナーツイン
バスルームの丸窓からも景色が見れる
 
 
今回私は、
デラックスツインのお部屋に泊まりました!!
 
部屋に入った瞬間、
大きな窓で景色が一望できるんですけど
 
あいにく天気が曇りだったので
絶景というよりはキリがかかっていました‥
 
夜は夜景がとってもきれいに見えたので
泊まって良かったなあと思いました。
 
本当に横浜の景色が一望できちゃうので
なんだか大富豪になったかのような
気持ちになれました♡(単純)
 
 
気になる料金は‥
 
8月10日から1泊2名の利用で、
なんと38,000円!!!
 
さすが高級ホテルなだけあります。。
 
※料金はシーズンや曜日によって異なるので、
 宿泊予定日で検索してみてくださいね。
 
 
ベッドサイズのサイズが
1200×2100mmなので、
 
ごろごろしても、寝相が悪くても、
落ちないくらい広々とした大きなベッドでした♪
 
寝心地も最高で、
柔らかすぎず、肩過ぎず、
ちょうどいいマットレスだったのですが
 
このマットレスは、なんと67階限定で、
エアウィーヴ
マットレスパッドというものだそうです。
 
トップアスリートや著名人など、
眠りにこだわる多くの方に支持されている
マットレスパッドなので、
 
適度な反発力と優れた体圧分散性が
上質の眠りをお届けしてくれるそうです!
 
 
そして、すごいのが、
客室のアメニティが全て
「ロクシタン」なんです!
 
あの有名なロクシタンの、
シャンプーやリンスが
お部屋についているんです‥!
 
豪華すぎて驚きますよね。
 
わたしはその時に使うのがもったいなさすぎて
カバンに入れて持ち帰ったんですけど、
 
いまだにもったいなくて使えてません(笑)
 
 
お風呂とトイレはガラス張りなので
同時に使うことはできなかったです。
 
お風呂はもちろん足を伸ばしてつかれるくらい
大きなバスタブで、
泡ぶろなどの入浴剤もついていました!
 
ホテルあるあるで、
シャワーの水圧が弱い問題がありますが、
 
さすが高級ホテルなだけあり、
その心配はもちろん無用でした。
 
 
ひとつ嫌だったのが、
ビルの構造上?なのかはわかりませんが、
 
カーテンをあけるとなぜか
他の部屋が見えてしまうことです。
 
なので、ずっと景色を見るのは
まわりの目が気になってできませんでした。
 
それ以外は魅力的な点ばかりで
とても満足できる宿泊になりましたよ!
 
 

トップオブスカイリゾートフロアの特権とは?


実は、67階宿泊者は、
 
地上200m・49Fに位置する
ホテル直営の会員制フィットネスクラブ
 
なんと無料
利用することができちゃうんです!
(通常料金はなんと5,400円)
 
フィットネスクラブでは
 
◆ジム
155m²のゆとりのスペースに、
テクノジム社のハイグレードマシンを完備。
 
◆スカイプール
富士山を望む、水中音響システムを備えた
全長20mのプール。
 
◆ジェットバス
 
◆リラクゼーションルーム
TV付きのリクライニングチェアがある
みなとみらいの夜景を一望できるお部屋。
 
◆サウナ・スパ
ドライサウナ、ジェットバス、シャワーブース、水風呂
 
◆パウダールーム
 
こういった様々な施設があるのですが、
これが全て無料で使えちゃうんです!!
 
とってもお得ですよね。
 
今回わたしたちは、
プールとスパを利用しました。
 
水着・キャップのレンタルも
なんと無料です!
 
ですがゴーグルだけは買わなければならなかったので
今回はゴーグルなしで頑張りました(笑)
 
夜の9時ごろに行ったら、
誰もいなかったので貸切状態でした。
 
スパは裸で入るので男女別です。
 
ひとりで入るのは悲しかったですが、
ジェットバスなどを満喫できたので
とてもリラックスできました。
 
 
トップオブスカイリゾートフロアに
宿泊する際は、
絶対利用した方がいいサービスだとおもいます!
 
 

まとめ


いかがでしたか?
 
横浜ロイヤルパークホテルの、
トップオブスカイリゾートフロア(最上階)は
 
お部屋が素敵なだけでなく、
フィットネスクラブも無料で使えちゃうんです!
 
もし特別な日などお祝い事があったら
ぜひ横浜ロイヤルパークホテル
泊まってみてくださいね。
 
 
【横浜ロイヤルパークホテル】
 
♥〒220-8173 横浜市西区みなとみらい2-2-1-3
♥045-221-1111
公式サイトはこちら >>

今度の休日は“目黒雅叙園”で過ごすのはいかが?素敵な館内やおすすめランチなどを実際に行ったわたしが紹介します!

目黒雅叙園って?


ホテル雅叙園東京という名前を
聞いたことはありますか?
 
雅叙園は、
Small Luxury Hotels of the Worldに
加盟しているホテルで、
 
「和敬清心」をコンセプトに、
茶室の侘び寂びに代表される精神性、
 
自然への想いや光の演出など、
落ち着いた空間となっています。
 
そんな素敵なホテルなので、
宿泊代は7万前後と、
正直手が出せない高級ホテルなんです‥
 
しかし!
 
実は雅叙園は
宿泊施設なだけでなく、
 
結婚式場・ホテル・レストランなどがある
豪華絢爛な複合施設なので
 
宿泊しなくたって
十分満喫できちゃうんです。
 
もちろん入館は無料です!
 
今回はそんな雅叙園に行ってわかった
色々な魅力を紹介していきます。
 
 

館内がゴージャスすぎる!


目黒雅叙園は
昭和3年からの歴史があり、
 
「百段階段」「十畝の間」
「星光の間」と呼ばれる建築物は、
 
なんと国の登録有形文化財
指定されています!
 
天井や壁を飾る日本画、
彫刻などどれも美術品として一級の品々なので
 
ホテル丸ごとが
素晴らしい美術品となっているので
とってもゴージャスなんです。
 
 
実は、雅叙園の館内は
“千と千尋の神隠し”のモデルになった
建築物だといわれています。
 
千と千尋といえば、
豪華な湯屋が印象的ですよね。
 
なので雅叙園を歩いていると
あれ?千と千尋で見た!というような
景色を見られるかもしれません。
 
 
特に美しいのが
「招きの大門」と呼ばれている豪華な門です。
 
雅叙園に入ってしばらく右に進み、
正面玄関から回廊を進むとあるのですが、
 
左右の道が水に囲まれているので
まるで橋の上を歩いているかのような
ふしぎな感覚になります。
 
まるで映画のセットに踏み込んだような
場違い感をわたしは感じました(笑)
 
また、招きの大門は
竜宮城と呼ばれることもあります!
 
とってもロマンチックですよね♡
 
 
そして、
雅叙園のゴージャスナンバーワンは
「トイレ」なんです。
 
トイレがすごいっていっても
別にしょうもないだろうな、と思っていたわたしは
入った瞬間度肝を抜かれました。
 
なんと
トイレのなかに川が流れているんです!
 
もちろん川が流れているので
美しい橋もかかっています。
 
トイレなのに‥(笑)
 
塗装も朱塗りという特殊な塗り方で、
螺鈿細工というものが施されているようです。
(伝統工芸らしい)
 
天井にはなぜか
金箔の美人画が描かれているので
思わず見られている感覚になっちゃいました。
 
ただのトイレなのに、
豪華すぎて落ち着けませんでした(笑)
 
 

カナデテラスのビュッフェが最強!


館内を満喫したら、
是非食べてもらいたいランチがあります。
 
お店の名前は「カナデテラス」です!
 
先ほどの招きの大門を通過すると
右手にあるレストランです。
 
このレストランのランチビュッフェが
どこよりも美味しくて、
限界まで食べてしまいました‥
 
気になる値段は2時間制
 
平日だと大人:3,000円
休日だと大人:3,400円となっています。
 
ビュッフェとしては普通ですかね。
 
そして食べられる料理は
なんと40種類!
 
こんなにあったので
とても全制覇はできませんでした。
 
種類が多すぎて、
全てを説明することはできないのですが、
 
気に入ったお料理を
いくつか紹介していきたいと思います。
 
 
①牛肉の塩水グリルステーキ
 
これがこのビュッフェ内で
いちばん豪華で最高な料理だと思います!!
 
目の前でグリルしたお肉を
シェフが切り分けてくれるのですが
 
このお肉がミディアムレアで
超柔らかくて超美味しいんです!!
 
お肉大好きなわたしは
エンドレスで食べました(笑)
 
ソースも4種類?あって、
岩塩から和風ソースまで
色々な味わいを楽しめます。
 
なので飽きることなく
食べ進めることができました。
 
カナデテラスのビュッフェでは
このステーキだけは欠かさず食べてくださいね。
 
 
②ポークスペアリブ
 
え、またお肉ですか?
と思われそうですが、
 
わたしはお肉が大好きなので
ビュッフェでは野菜をたべません!
 
なので
お野菜はでてこないと思ってください(笑)
 
ビュッフェにスペアリブがあるなんて
わたしは感動してしまいました。
 
ステーキだけでもうれしいのに、
スペアリブもあるなんて豪華すぎますね!
 
このスペアリブはよく煮込んであるようなので
しっかり味がしみ込んでいました。
 
骨からほろほろ零れ落ちる
やわらかいお肉たちは絶品です。
 
でも量をこなす感じではなかったので
(どうしてもステーキを食べたいわたし)
 
今回は2本しか食べませんでしたが、
スペアリブメインの方は
ぜひ何本も食べてみてくださいね~
 
 
③焼き立てパン
 
焼き立てパンってアバウトすぎなんですけど、
名前をみてもどれがどれだかわからなかったので
許してください‥
 
クロワッサンとか四角いパンとか丸いパンとか、
とにかく全部が焼き立て!ほかほか!
 
パンってやっぱり焼き立てが
一番美味しいんだなと再確認しました。
 
バターだと思ってとったクリームが
チーズ風味のなにかだったんですが、
 
それがまたパンにぴったりで
食べる手が止まりませんでした(笑)
 
 
④桜といちごのパンナコッタ
 
ステーキの次にお気に入りだったのが
このパンナコッタです。
 
ビュッフェってやっぱり、
メインと甘いものをくり返して食べることで
自分の限界に挑戦するものだと思うんです。
 
なので、甘いものは何を食べるかが
わたし的に結構重要になってくるんですけど、
 
このパンナコッタは味も美味しくて
くちどけもなめらかなので
 
お腹いっぱいでも
スルっと食べれちゃうんです!
 
ヘビロテ確定でした。
 
最初は桜の風味がふんわり感じられて、
そのあといちごの甘さが追いかけてくるので
 
ぜひ食事の間に食べてみてください。
 
 
カナデテラスのランチビュッフェは
結構人気で、平日でも人が多かったので
 
利用する際は
ネットで予約しておくのがいいと思います!
 
 

パワースポットで休憩


ビュッフェを楽しんだ後は、
やっぱり休憩したいですよね。
 
雅叙園のお庭には人口滝があり、
これがパワースポットだといわれています。
 
滝からのエネルギーは
癒しの効果が感じることができ、
 
心を和ませることができることから
パワースポットになったようです。
 
ヒーリング効果、良縁
アイディアを与えてくれるなど
様々な効果があるんです!
 
ここでくつろいでいると
本当に癒されました。
 
屋根はないので、
お天気のよい日しか
近くで見ることはできませんが
 
ぜひ人口滝で癒されてみてください。
 
 

まとめ


いかがでしたか?
 
目黒雅叙園はとっても豪華絢爛で
素敵な複合施設だということが伝わったでしょうか。
 
ゴージャスな館内おいしいビュッフェ
パワースポットなど
魅力が盛りだくさんなので
 
今度のお休みに
是非雅叙園に訪れてみてくださいね!
 
 
【目黒雅叙園】
 
♥〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-8-1
♥03-3491-4111
♥目黒駅より徒歩3分
公式サイトはこちら >>

今話題の「THERMAL SPA S.WAVE」は非日常を味わえる大人のための贅沢空間だった!

「THERMAL SPA S.WAVE」とは?


神奈川県中郡大磯町にある大磯プリンスホテルに新設され2017年7月15日開業したスパ施設。
 

 
1階がフロント・レストラン・バー、3階が温泉フロア、4階がスパフロアとなっています。
大人のためのスパ施設がテーマであり、4階スパフロアは中学生未満は利用不可です。
 
開業以来、「SNS映え!」「どこを映してもフォトジェニック」とSNSを中心に、
話題沸騰中のスパ施設なのです!
 
 
【THERMAL SPA S.WAVE】
 
*OPENING HOURS
営業時間 6:00A.M. ~ 12:00MID
最終受付 宿泊者 : 11:30P.M. 外来 : 5:00P.M.
 
*ACCESS
神奈川県中郡大磯町国府本郷546大磯プリンスホテル
・東海道本線大磯駅から路線バスで約13分、またはタクシーで7分(約¥1,400)
・東名高速道路厚木I.C.経由で小田原厚木道路大磯I.C.から2km(約5分)。
 ※圏央道でお越しの場合、海老名JCTにて東名高速道路に接続しております。
・西湘バイパス大磯西I.C.から約1分。
 
*TEL
0463-61-1111 (代表)
 
*PRICE LIST
・一般
 おとな¥4,500 / 小学生¥2,000 / 未就学児 無料
・SEIBU PRINCE CLUB会員
 おとな¥3,800 / 小学生¥1,500
・ご宿泊者さま
 無料 ※別途おとなのみ入湯税¥150を頂戴いたします。
・チェックイン前・チェックアウト後のご利用
 おとな¥2,000 / 小学生¥1,000
※4Fバー、スパトリートメント、プライベートスパは別途料金がかかります。
 
「THERMAL SPA S.WAVE」のホームページはコチラ >>
 
 
 

プールがスゴイ!


スパフロアのオーシャンビューであり太平洋と富士山を望めるテラスには、
温水の「インフィニティプール」と「ジェットバス」があります。
 
「THERMAL SPA S.WAVE」で有名なのがこの「インフィニティプール」
 

 
太平洋の水面とプールが繋がっているように見えるこちらのプールが、
SNSでフォトジェニック!と話題になりました。
 
実際に入ってみると季節によって水温が調整されている為、
長時間気持ちよく浸かることができます。
 
気持ちのいいプールでボーっと海を眺めるだけの時間…
とっても贅沢で心も身体も癒される時間をぜひ過ごしてください♪
 
 
 

サウナがスゴイ!


プールが有名ですが、4種類のサウナもすごいんです!
 
・パノラミックサウナ
室温:40度~50度
前方の窓では太平洋、横の窓では富士山を望むことができるサウナ。
室温も熱すぎないので、ヒノキの良い香りがする中、長時間ゆっくりすることができます。
 
・岩盤浴室
室温:約55度
天然石による赤外線でじんわりと身体を温めることができる岩盤浴。
薄暗い室内の中で横になってリラックスして汗をかくことができます。
 
・テピダリウム
室温:約35度
低めの室温の中、ベンチの形状の壁に腰掛けてアロマの香りと光の波紋を楽しむサウナ。
アロマの香りと光の波紋が作り出す心地よい空間にとても癒されます。
 
・フィンランドサウナ
室温:80度~100度
スパフロアの中では1番室温が高いサウナ。
定期的に降り注ぐ蒸気にで湿度を高め、ゆっくりと体感温度を上げていくので、
サウナの熱さになれていない人でも息苦しさなど感じることなく楽しむことができます。
 
 
これらのサウナで汗をかいた後にしっかりと身体を冷やすことができる、
「クールバス」と「アイスルーム」もしっかりと用意されています。
 
ぜひ自分のお気に入りのサウナを見つけてリフレッシュしてください♪
 
 
 

フードやドリンクも美味しい!


せっかくの非日常空間を味わいに行くなら美味しい物も食べたいですよね。
 
スパフロアにはバーがあり、プールサイドなどでお酒やスムージーなど、
美味しいドリンクを楽しむことができます。(12:00NOON ~ 10:00P.M.)
 
 
また1階にはレストラン・バー「S.DINING」があります。
レストランでは大きな開放的な窓からガーデンテラスや太平洋を望むことができ、
テラス席も用意されています。
その雰囲気はまるで南国リゾートのよう…♡
 

 
モーニングの7:00A.M.からディナー9:30P.M.まで、
地元の食材を活かしたグリル料理を中心とした様々な絶品料理を楽しむことができます。
 
 
私がランチでいただいたのはこちら

「大磯プリンスホテルオリジナル4Bブラックバーガー ポテトフライ添え(¥2000)」
 

 
竹炭のバンズを使っており、名の通り黒いハンバーガー!
充分な大きさですが黒毛和牛と黒豚を使ったパティは重くなく、絶品でした。
ちょっと贅沢なお値段ですが、お店の雰囲気や料理の味のクオリティを考えると大満足!
 
スパで癒されるついでに少し贅沢な絶品グリル料理も楽しんでみてください♪
 
 
 

まとめ


いかがでしたか?
 
「THERMAL SPA S.WAVE」はフォトジェニックだけではない、
非日常を味わえる大人のための贅沢空間でした!
 
最近疲れていて癒されたい!日帰りでも非日常空間を味わいたい!
という方は足を運んでみて下さい!
とってもゆったりとした充実した時間を送れるはずですよ♡