個人経営店でのアルバイトってどうなの?2年間働いた私がプラス点・マイナス点を教えます☆

飲食店で働いている女性の画像

個人経営店でのアルバイト


私は大学1年生の時に
土日に結婚式場のバイトをしていて
平日にできるバイトを探していました。
 
その時に大学の先輩から誘われたのが
個人経営の居酒屋のアルバイト。
 
なんといっても魅力的だったのは
給与が現金手渡しだったのです。
 
学生のバイト代は一般的に年収103万を
超えないほうが良いとされていますよね。
 
私は結婚式場のバイトで結構稼いでいたので
平日は現金手渡しのバイトをしたくて
この居酒屋のバイトを始めました。
 
 
個人経営の飲食店で約2年間働いた私が
プラス点・マイナス点を今回教えます!
 
個人経営店でのバイトってどうなの?
と疑問に思っている方必見です!
 
 
 

時給・シフト・仕事内容について


私が働いていたのは
大将が一人で切り盛りする
THE大衆居酒屋
 
個人経営の居酒屋なので
店内もそんなに広いわけではなく
基本的には常連さんばかりでした。
 
 
時給は1000円~
自転車だったこともあり交通費は無し。
 
シフトは完全自己申告制
スケジュール調整サービスで
翌週分の希望シフトを提出します。
誰が入るかはバイト同士で相談していました。
 
忙しい曜日は2人体制
その他は1人でバイトに入りました。
 
仕事内容は
・ホール(会計込み)
・ドリンク作り
・洗い場
・簡単な調理
と幅広くやっていました。
 
 
忙しい日と暇な日の差が激しかったです。
しかし堅いマニュアルなどもないので
常連さんと話しながら楽しく働いていました。
 
それでは実際に働いてみて感じた
プラス点・マイナス点をご紹介します!
 
 
 

プラス点


・シフトの融通が利く
 
バイトの時間は17時~クローズまで。
(クローズ時間はお客さん次第で変わりました)
 
しかし予定的に17時に間に合わない場合は
大将に伝えると融通を利かせてくれて
急な休みにも快く対応してくれました。
 
 
・大将や常連さんと仲良くなれる
 
個人経営店の最大のプラス点です。
大将や常連さんとの距離が近いので
まるで家族みたいに大切にしてくれます。
 
忙しい時は励ましてくれて
暇な時は楽しく話していると
あっという間に時間が過ぎました!
 
大将はいつも何が食べたい?と聞いて
好きな賄いを作ってくれました♪笑
 
 
・自由なことが多い
 
服装は動きやすい服だったら基本的に何でもOK.
夏場はクロックスなどでも大丈夫でした。
 
髪色も髪型も自由。
アクセサリーやネイルも自由でした!
飲食店では珍しいですよね♪
 
お客さんが落ち着いている時には
ケータイ電話をいじっていても
課題をやっていてもOKでした!
 
 
 

マイナス点


・給与面で少し不満もある
 
普通の飲食店だったら22時以降
時給がアップするところが多いですが
私の場合は時給は変わりませんでした。
 
またタイムカードもなかったので
大将の感覚でその日の実働時間が
決まっていました。
 
 
・バイトが1人or2人なので混むときつい
 
1日にバイトに入れる人数が1人か2人なので
繁忙期でお店が混みあって満席になると
上記で述べた仕事内容を全てこなすのが
かなり難しくなってきます。
 
特に1人の時はホールを
回せなくなってしまう時もあり
とても大変でした・・・。
 
 

まとめ


今回は個人経営店でのアルバイトの
プラス点・マイナス点をご紹介しました!
 
私はこの居酒屋で
働いて良かった!と断言できます。
 
一人暮らしをしていた私にとっては
もう一つ家族ができた感覚でした。
 
今でもお客としてたまに顔出したり
みんなでBBQしたりしています♪
 
 
個人経営店では
店主の人柄や常連さんによって
バイト環境の善し悪しが変わってきます。
 
自分に合ったお店で働けるように
事前にそのお店のリサーチをするもの
いいかもしれません。
 
個人経営店でバイトするか悩んでいる時には
ぜひ参考にしてみてください!
 
 
 

sora

投稿者: sora

美味しいものと旅行と海が好きな22歳。ジャンルとらわれず様々な記事を更新していくのでよろしくお願いします❤

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です